2016年07月01日
不動産会社の悩み

他社と違う設備写真と報告書で管理物件を満室にして、さらに管理委託を10%増やした方法とは

入居者に好まれる設備の写真例

『大家さんが喜ぶ物件紹介は入居者もお問合わせが多い』は本当です。

私が2年前に不動産会社訪問で行った管理会社のことです。

仲介業者の家賃交渉にもめげずに、家賃を相場の1割アップさせました。

他社がやっていない設備写真の紹介や報告書をホームーページに掲載して新しい大家さんからの管理委託を毎年10%増やしていました。

外観、室内写真は大切ですが、大家さんが特別にきにするのは「住宅設備」の紹介です。

メーカー名や型番まで表記する不動産会社が人気になっています。

よろしければ、上記「シェア」ボタンからシェアお願いいたします。

チェックだけの有無では物件の良さは伝わらない

『エアコン付き』だけでは伝わりません。

もし、新しいエアコンなら『新品』とか『年式』、オーバーホール済み、クリーニング済み表示だけ信頼度はグッと高まります。

大家さんは「せっかく、大金をかけて新品のエアコンに替えたのに『エアコン付き』だけでは本心は嬉しくない」かも知れません。

私が不動産会社訪問の祭、管理物件を毎年10%以上伸ばしている管理会社様は大家さんから圧倒的な信頼を得ていました。

ホームページの内容は、とにかく設備に関して細かい配慮がされていました。

受水槽の清掃、高圧洗浄の実施報告まで写真付きで

弊社のお得意様ではないのでホームページでご紹介できませんが、

  • 受水槽の清掃報告や

  • 高圧洗浄の実施報告、

  • 消防点検の報告書の写真までも

報告していました。

家賃は相場より1割高いそうですが、常に満室だそうです。

貯水槽清掃報告ページ

上記画像をクリックして参考にしてください。

消防設備点検、高圧洗浄なども報告することで家賃を下げない努力をしたいですね

他社と違う物件紹介で安心と信頼を獲得する

下記の紹介も他社と差別化する方法です

写真もちょっと工夫するだけお問合わせが増えます

大家さんが新しい大家さんを紹介する。家賃を下げずに管理が増える

世はまさに家賃値下げ競争真っ只中です。

しかし、入居者がいて常に満室状態なら家賃値下げ競争に巻き込まれることはありません。

賃貸管理責任者「ここ数年家賃は下げていません。今の大家さんが空室で困っている新しい大家さんを紹介してくれるから管理が年10%ずつ増えている」と言っていました。

家賃交渉が当たり前のようになっています。

募集の質をちょっと変えるだけで家賃を下げずに、管理物件を増やすことができるようになります。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward