Vol.37 SNSからブログに集客するための仕組みを作ろう

ブログへの訪問者を増やすには、検索結果で上位に表示されることを狙うのが基本です。しかし、最近はSNSからの流入という形の訪問者も多くなっています。

SNSで拡散されるとはどういうことか

TwitterやFacebookなどのタイムラインに、Webサイトが紹介されているのを見たことはありませんか?

SNSでは、気に入った記事のタイトルとURLをカードのような形で貼り付けることができます。これを「シェア」といいます。シェアすることで、気に入ったWebサイトを他の人にも紹介できるのです。

シェアされたものを見た人が興味を持ち、アクセスしてくることがあります。それが何度も連鎖して、Webサイトが広い範囲に紹介されることを「拡散」といいます。

最近では、SNSで拡散されることで大きなアクセスを集め、話題になることもよく起こります。

SNSで拡散されやすい記事とは

拡散されやすい記事とは「他人に紹介したくなる記事」です。他の記事より役に立つ、面白い、話のネタになる、そんな記事です。

企業のオウンドメディアとしてブログを作成する場合は、役に立つ記事を作成するのが基本です。面白い記事や話のネタになる記事を売り物にして上手くいっている企業もありますが、とても加減が難しく、SNSに慣れた人でも運営が難しいものだからです。とくに、企業の名前のついたブログやWebサイトの記事なら、面白さで話題になるよりも地道な評価を得ることを目指しましょう。

SNSでシェアされやすいようにボタンを設置しよう

SNSでシェアされやすい記事には、もう1つ仕掛けがあります。
記事の前や後にTwitterやFacebook、LINEなどのボタンがついているのを見たことがありませんか?このボタンをクリックすると、簡単に記事をそれぞれのSNSにシェアできるのです。


このボタンがないと、いちいちURLをコピーして貼り付けるなどの手間がかかります。それで、シェアするのをやめてしまうユーザーもたくさんいます。

SNSボタンは、たいていのブログシステムには標準装備されています。WordPressでもプラグインで簡単に装備することができるので、やっておいて損はないでしょう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward