Vol.15 不動産写真の撮り方-キッチンの撮り方、撮影には洗剤や雑巾を持参

今回は「キッチン(ダインにング)、シンクの撮り方」です。
ファミリー物件の最終決断は女性が握っている場合が多いです。
女性の心をガッチリ掴むためには「キッチン(ダインにング)、シンクの撮り方」は特に重要です。

清潔さが第一。撮影には洗剤や雑巾を持参

女性が最も気になる場所、それがキッチンです。
そのためには清潔さが第一です。

キッチンやシンクに汚れや水滴があったら取り除いてから撮影してください。
汚れや水滴は反射して清潔さが失われる場合もあります。

 

不動産会社の中には、ありのままがいいと言って汚いまま撮影する方がいます。

それは屁理屈です。

大家さんがそんな写真を掲載して欲しいと思わないはずです。

どうしても入居して欲しいと願うなら、少しでも清潔に撮るべきです。

撮影の時はキッチン洗剤やスポンジタワシ、キッチンペーパーなどを持って行くことをお勧めします。

女性の感性を意識した撮り方を

清潔感を表現するには
・汚れなどをまず取り除いてください。
・写真を明るく仕上げることです。
・壁や柱の縦を真っ直ぐに合わせること。

不思議ですが真っ直ぐや水平に合わせることで清潔さも表現できます。

画像が明るくなるように照明やストロボを使ってください。
撮影後、写真編集で明るくすることも可能ですが撮影時にやっておきましょう。

目線は子供の目の高さです。
高すぎてもダメ。
低すぎてもダメ。

腰を下ろしてくキッチンの全体と冷蔵庫の位置などが分かるように撮影してください。

全体が入るように撮るのがコツ

なるべく全体が入るように撮りましょう
システムキッチンなどを撮影する際は使い勝手や機能を伝えるために
・ガスコンロや
・水栓器具などは
接近して撮影する見せ方も良いかと思います。

キッチンではありませんが、リモコンも下記のように撮りたいですね。

リモコンは正面から真っ直ぐに

リモコンもここまで撮りたいですね
また、入居希望者からキッチンのメーカーや使い方に質問が多い場所です。
その際も撮影した写真を見ると答えやすいです。
確認用としてもしっかり撮影しておくことを忘れずに。

売主、大家さんからお預かりした大切な財産。
もしかして、他社と激しい競争をしている物件かも知れません。
あなたの心のこもった写真で誰よりも素敵にアピールしてください。
あなたの「愛」にお客様は感動してあなたを選びます。

たかが不動産写真、されど不動産写真です。

プロの不動産会社が紹介する物件です。

プロのフォトグラファーの気持ちで撮影してみてはいかがでしょうか?

せめて、そんな気持ちでシャッターを押すだけでステキな物件写真が撮れます。

この「きれいな物件写真の撮り方」の内容は長野市不動産会社「長野市の正木屋」の柴田朋也氏のご厚意ご協力でドリームワンの勉強会で使用した資料を提供させていただいております。
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward