不動産ホームページ集客ブログ
10:00~17:00
土日祝日

あなたの会社なんて誰も知らないのです

「地名 賃貸」「地名 不動産」で上位表示されているのに反響や来店客が少ないと嘆く社長様が多いです。どうしてそんなキーワードにこだわるのと聞くと「会社は小さくてもホームページでは近隣他社に負けたくない」と言います。勝ち負けの基準がそんなキーワードというのも不思議な話ですが。

どうして、そんなキーワードで勝ち負けにこだわるの?

不思議なのは、どうしてそんなキーワードで勝ち負けにこだわるかということです。

数年前まで、SEO会社がそのキーワードで上位表示させることを商売にしていたことが大きな原因です。

 

そのキーワードで上位表示されていれば、駅前の老舗や有名FC店にホームページでは勝ったような気がしたからです。

たしかに、そんなキーワードで集客できた時代がありました。

まだ、不動産会社のホームページがお客様のニーズに伴っていない頃の話です。

 

今はそんなキーワードで探すお客はほとんどいません。

そのキーワードで検索するのは同業者くらいです。

 

その同業者でさえ、そのキーワードで上位表示されている不動産会社を調査するのが目的です。

だから、そんなキーワードで勝ち負けにこだわることはありません。

「地名 賃貸」「地名 不動産」上位でなぜ反響、集客できないの?

「『地名 賃貸』で1位、『地名 不動産』で2位なのにお問い合わせや来店客が少ない」

腕組みして心配な顔をする社長様のご相談です。

  

誰からの反響が欲しいのですかとお聞きすると。

「入居者」「購入者」と素早く応えが返ってきました。

最近の入居者が入れる検索キーワードは

「地名 賃貸 間取り」

「地名 賃貸専門 不動産会社」

「地名 賃貸 管理会社」

「地名 戸建 賃貸」

「地名 分譲マンション 賃貸 間取り」

などです。

 

大家さんなら

「地名 賃貸 管理会社」

「地名 賃貸 満室」

などです。

 

繰り返しますが

「地名 賃貸」

「地名 不動産」

は不動産会社が不動産会社を探すためと、SEOの会社が営業トークで使うキーワードです。

 

このキーワードで上位表示されているからと言って知名度が高い訳ではないのです。

ここが勘違いしやすいところです。

 

 大手不動産会社や有名フランチャイズの加盟店でなければ、そのキーワードで上位表示されてもあなたの会社は誰も知らないのです。

大切なのは、お客様がキーワードで検索した時に、検索の目的に合致したホームページやブログが表示されたかどうかということです。

 

検索結果が不動産会社のホームページのトップページなら、検索した人の目的は通常達成できない場合が多いです。

理由は不動産会社のホームページのトップページは何でも入っているごちゃ混ぜちゃんぽんページの場合が多いからです。

 

そのトップページに何が入っているか分かっているのは、その会社のホームページ運営者だけです。

その不動産会社の社長でさえ、自社のホームページのトップページにどんなコンテンツがあるか知らない場合が多いです。

だから検索結果で不動産会社のトップページがヒットした時は、直帰率(そのページだけ閲覧して離脱する)が高いのです。

これが「地域 賃貸」「地域 不動産」で上位表示されても効果がない理由です。

 

そうなっているかどうかを判断するにはグーグルアナリティクスなどのアクセス解析の直帰率や滞在時間などを見ると分かります。

訪問者が多い割に滞在時間が短く、直帰率が高く、ページビューが少ないのが特長です。

お客様に寄り添い、悩みに応えて集客する会社が人気

不動産会社のホームページを訪れる方は不動産を探すだけではありません。

1)賃貸なら入居後の外部からの騒音や入居者にどんな人がいるのか、ゴミ出しのルールや違反者へ管理会社の対処法などが知りたいものです。

2)売買は購入後は自己責任と思っているので、契約までのトラブル防止対策やどんな銀行を紹介してくれるのか? 

のようなことに素早い対応能力がある不動産会社かどうかを知りたがっています。

 

大変ですが、そんな面倒な時代になりました。

大手が面倒臭がる上記のようなことをクリアしている小さな不動産会社が、今ダントツで集客しています。

 

他社の面倒臭がること、嫌がることを自社の強み、他社との違い、価値に変えて、それをブログで伝え続けることで、信頼できる不動産会社として集客しているのです。



「ウチのラーメンはいい材料を使って、味には絶対に自信がある」と店主が胸を叩いても、それをメディア(ブログやホームページや広告など)で伝えなければ、お客さんに見つけてもらえません。

お客が行かなければ店は潰れます。

悩み問題解決ブログでグーグルを味方にする

地方のお得意様の実例です。

女性1人社長で月間PV(ページビュー)1万を超える小さな不動産会社があります。

年配の60代の女性です。

1人で自営の不動産会社ですので、決して無理はしません。

ホームページの掲載は管理物件だけです。

なぜ、月間1万ページビューを集めることができるのでしょうか?

トップページに表示されている物件のすべてに心温まるコメントが入っています。

物件紹介にも女性らしいキメ細かな配慮で細部に渡って写真と文章で紹介しています。



何よりスゴイのがブログを毎日書いていることです。

 「ウチのような小さな不動産屋なんて誰も知りませんよ」が社長様の口癖です。

 

大家さんの悩み問題解決や地域の情報、台風が接近すると台風情報までブログで紹介しています。

だから「地名 台風」と検索すると台風が接近するたびに、会社のアクセスは急上昇します。

それが今では地域のお役立ち情報に成長しているのです。

 Q&Aをたくさんブログに書くとグーグルが評価することが分かりました。

やがて(ホームページを開設して6ヶ月後)大家さんからの相談、来店が急増しました。

とうとう「繁忙期前から複数の大家さんから賃貸管理を依頼されたけど、一人だからと全部断った」と言います。

その会社はビッグなキーワードで決して上位に表示されていませんが、地名にいろんなキーワードで検索すると、その会社のたくさんのブログが1ページ目に表示されます。

この会社、社長様はフェイスブックやツイッターはやっていません。

「ブログで精一杯、そんな時間は無いわ」と笑い飛ばしていました。

 

会社が大きくなくても、ブログなら知名度地域1番店になれます。

広告費を(ポータルサイト)かけなくてもお客が自然にその会社を目指してやってきます。

小さくても優れたマーケティングをすればセールスが不要(売り込まなくても)になります。そして自然にお客様が集まってきます。

 

優れたマーケティングとは、顧客の悩み問題に耳を傾け(顧客に寄り添い)、顧客の悩み問題解決法を教えて上げることです。

 
あなたの会社も優れたマーケティングをやってみませんか?

store

会社概要

不動産ホームページ集客ブログ
不動産ホームページ集客ブログ
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。3千社の不動産会社を訪問で発見した5%の成功会社の手法を仕組み化した「ドリームX」を提供しています。私たちが提唱するホームページの目的は『知名度を上げて大家さん・売主さんからの受託』です。近隣他社と違うやり方で小さな不動産会社が生き残りを目指します。「賃貸管理の委託、売却物件の受託」「ポータルサイトや広告を利用しないホームページ活用」「近隣他社や大手不動産会社と戦わずに勝つ不戦勝経営」をしたいという小さな不動産会社様はお気軽にお問い合わせください。
    arrow_upward