不動産ホームページ集客ブログ
10:00~17:00
土日祝日

第12回 反響が増える不動産写真の撮り方-駐輪場、物置、ゴミ置き場の撮り方

反響が増える物件写真の撮り方も実践モードに突入します。
今までの基本ができていれば良く理解できると思います。


今回は駐輪場と物置などの撮り方です。

物件写真はありのままに撮影するのが基本ですが

自転車などが乱雑になっていたら少しきれいに整列させてから撮るといいでしょう。

散らかっているだけで建物全体が悪く見られたり、不動産会社のイメージダウンになることもあります。

駐輪場は望遠で後退して低姿勢、順光で撮りましょう

・望遠で下がれるところまで下がる
・順光で、
・低い姿勢で
・全体を身近に感じるために
・やや斜めに撮るように心がけたいです。

逆光で撮ると黒くなり、何が移っているのか分からなくなります。
順光の時間に撮りましょう。

物置やゴミ置き場は望遠、低姿勢、やや斜めなど撮り方はいろいろあります。

外部(駐輪場や物置、ゴミ置き場)の写真は
・順光で
・全体(奥行き、背部)が分かるように
・広角レンズを使わずに
・低い姿勢で
・対象物から離れて
撮ると良いでしょう。

この「きれいな物件写真の撮り方」の内容は長野市不動産会社「株式会社正木屋」様の柴田朋也氏のご厚意ご協力でドリームワンの勉強会で使用した資料を提供させていただいております。

 

ドリームワンは小さな不動産会社のホームページ運営を応援しています

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3千社の不動産会社を訪問して5%の成功会社が実践する手法を見つけました。成功の仕組みを取り入れたSEOに効く不動産ブログ機能付きアプリ「ドリームXジグソー」を提供しています! ブログも物件も近隣他社と全く違う紹介方法で小さな不動産会社が生き残りを目指します。「賃貸管理の委託、売買の受託」「ポータルサイトや広告を利用しないホームページ活用」「近隣他社や大手不動産会社と戦わずに勝つ不戦勝経営」をしたいという小さな不動産会社様はお気軽にお問い合わせください。
    store

    会社概要

    不動産ホームページ集客ブログ
    不動産ホームページ集客ブログ