ドリームワン株式会社
10:00~17:00
土日祝日

代表メッセージ

あなたは、ドリームXをご利用している会社の方から聞かれて、このホームページにお越しになったのでしょうか?
それとも、インターネットで検索していて辿りつかれたのでしょうか?


はじめまして、ドリームワン代表の 中野忠です。

弊社は小さな不動産会社がホームページで知名度を上げるアプリ「ドリームXジグソー」を提供しています。


ドリームワンはこれまで13年間、約400社様の不動産会社様向けのアプリ一筋に制作、販売、サポート、をしてきました。

すでに弊社アプリを卒業された会社様もいらっしゃいますが、現在全国で約200社の不動産会社様にご利用いただいております。

年間、20〜30社の不動産会社様が新規でご利用いただいております。とても感謝しております。


ポータルサイトや広告費に予算をあまりかけることができない小さな不動産会社様一社一社に寄り添ってきました。

不動産会社が大家さんから預かった1物件1物件を宝物のように紹介できるように心掛けています。


そのために写真を無制限に掲載できるようにしたり、自由に物件ごとにホームページのデザインができるようにしています

長くご利用いただいている導入会社様は、物件と会社をブランド化して、ほぼ100%効果を実感しています。

自社ホームページは育てていくものだからです。


13年間で400社の実績があり、現在200社様がご利用している。

この数字からお分かりのようにドリームワンは大きなシステム会社ではありません。

スタッフは、代表の私と役員、技術者の社員を含めて名という小さな会社です。

不動産やインテリアが好きなスタッフが集まっています。


私たちはどこにも負けない、良質なウェブアプリケーションを作り続けてきたという自信があります。

小さな会社であるドリームワンが13年の間、一貫して不動産会社向けのアプリを提供できたのは、ご利用いただいたお得意様がドリームXやドリームXジグソーを気に入ってくださり、ドリームワンを多くの不動産会社にご紹介してくださったからです。これまた感謝しております。

もっとコンテンツを増やしてホームページに栄養を与えよう

ここから、ドリームワンが提唱する「小さな不動産会社のホームページで一番大切なこと」を少しお話させてください。

「ホームページ」と聞くと、多くの方が「お問い合わせ」「来店」「反響」「集客」という言葉を思い浮かべるのではないでしょうか?
たしかに、ホームページはリアルな店舗に変わるもの、これからの時代の集客手段と考えることは当たり前かも知れません。

ドリームワンは「反響や集客」よりもっと大切なことがあると考えています。


それは、ホームページを介してお客様とコミュニケーションを交わす力(ちから)です。

インターネットの環境が日本中に整ったことでお互いの顔を見なくてもインターネット上だけで取引が完結する業態が増えています。


例えば、不動産を探すお客様はホームズやスーモのようなポータルサイトと呼ばれるホームページで物件を見つけることができます

そんな便利な時代ですが、近頃お問い合わせがなくなった、来店客が少なくなったと嘆く不動産会社も多くなっているのも事実です。


ポータルサイトや不動産会社のホームページを見て、お問い合わせをして訪問したら、すでに物件は終了していたとか。

物件は1つしかないのに、紹介する会社が多過ぎたり、「家賃交渉で下がるんだから」と掲載された家賃などがバラバラだったり。

ということが話題になっています。

ホームページの目的は「知名度を上げる」こと。反響や集客ではない!

全国に12万社以上の不動産会社があります。9割の不動産会社はホームページを持っています。そのほとんどが物件情報がメインです。

ホームページの所有率が低かった10年前は写真や間取図を入れなくても帯情報だけで集客と成約ができました。


今は物件情報やポータルサイトに多額の費用をかけても、思うような反響や集客ができなくなりました。


不動産会社の多くが悲鳴をあげる中で、ダントツで他社と戦わずに売上を増やしている会社があります。

それは、自社のホームページの中に「物件情報」の他に「ブログ」というコンテンツで人を集め、興味を持たれ知名度を上げる方法です。


コンテンツマーケティングとかオウンドメディアの活用という手法です。

コンテンツマーケティングと手法はGoogleが今、もっとも推奨しているマーケティング手法だからです。

外部ブログより自社ブログを。外部ブログはスポークスマンとして活用を

今、Googleはブログを高く評価しています。ブログはストック型(蓄積型)のコンテンツと呼ばれています。

ブログを書いて記事を増やすほどGoogleはコンテンツが多いホームページとして評価しています。


ブログは自社ホームページ内(自社ドメイン)のブログにすることをおススメします。(下図)

つまり、アメブロなどの外部ブログではなく自社ドメインのブログのほうが自社ホームページの知名度アップに効果的です。


外部ブログに記事を書くということは、自社ホームページのコンテンツにはならないからです。

せっかくやるなら、自社ホームページのコンテンツを蓄積したいですよね。


私も昨年までGoogleが提供するブロガー(BLOGGER)という外部サービスを利用していました。

数百万のページビューがありました。自社ホームページ内のブログに変更したために一時、ブロガー(BLOGGER)を停止しました。


理由は、自社ホームページ内のブログとブロガー(BLOGGER)に同じ内容の記事を掲載すると、重複コンテンツとしてペナルティーの対象になるからです。

せっかくのブロガーが勿体無いと考えました。良いアイデアが浮かびました。それは従来利用していたそのブロガー(BLOGGER)をインデックス(目次)として活用したのです。


1)自社ホームページのブログを書いたら。ブロガー(BLOGGER)に「ブログを更新しました。詳しくはこちら(自社ホームページのブログリンク)」

2)YouTube動画を上げたら。ブロガー(BLOGGER)に「ユーチューブ動画アップしました(YouTubeのリンク)」

3)Facebookページで、導入会社紹介をしたら。ブロガー(BLOGGER)に「導入会社紹介しました(その会社のリンク)」


従来のブログのブロガーは当社のコンテンツを紹介するスポークスマンとして活用しています。以前よりはアクセス数は落ちてしまいましたが、相変わらずブロガー(BLOGGER)は強みを発揮しています。まずはブログをたくさん書きましょう。


もし、ドリームワンが提供するアプリ「ドリームX」に興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください。

あなたの会社がブログやコンテンツマーケティングに強い興味をお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ頂く際は、各ホームページの最下部の「お問い合わせはこちら」をクリックしてお問い合わせください。


あたなが心を込めて発進するブログやコンテンツがあなたの会社の繁栄につながることを願って。

導入会社様の知名度を上げることが”私の使命”

2012年の8月から、「不動産会社のホームページの活用状況を知りたい」と不動産会社訪問をはじめました。訪問した会社の数は3千社を超えました。

多くの不動産会社はホームページに物件を掲載する前に、写真を撮ったり、撮った写真の編集に四苦八苦していました。

それが原因で、ホームページに掲載するだけで、その後の運営作業ができないと言ったようなことが起きています。

私は、まず最初にやったことはドリームワンのアプリに画像編集機能を付けました。

ドリームXというアプリを開いて、物件を取り込む時に自動的にリサイズをする機能や切り取り、角度調整、明るくしたりすることで、それまで不便だった画像編集作業を簡単にしました。

今でも、ドリームXやドリームXジグソーのアプリをご利用いただく際に最も気に入っていただいた機能が「画像編集」なのです。

それ以来、私は小さな不動産会社を支え、励ますことが仕事ではなく「生き方」になりました。


1998年に独立して小さな不動産会社(アメリカンドリーム)を経営してきました。

1999年に@ドリーム(アットドリーム)という不動産ホームページシステム(ソフトウェア)を開発しました。

2000年から小さな不動産屋さん向けのインターネット集客ツールを開発、制作、販売をはじめました。

@ドリームを開発販売をするうちに、時代の変化に対応できるシステムを作りたいと思うようになりました。 

2003年、ドリームワンという会社を設立しワンルームマンションの1室から再スタートをしました。

2004年、ドリームワンの不動産システム(ソフトウェア)のドリームXが完成しました。


ドリームワンはとても小さな会社です。小さいからこそ手厚いサポートができることに誇りを持っています。

ドリームワンは創業当時から外注しないで、自社制作にこだわり続けてきました。

ご利用会社の視線に合わせご要望を聞き、製品を改善すること、サポートすることを第一と考えています。


ドリームワンは2年前から営業やデモ訪問を一切やめました。

それと引き換えに「初期費用ゼロ円」、期間縛りがない「いつでも解約プラン」を採用しました。


ドリームワンはこれからも小さな不動産会社を応援していきます。

小さな不動産会社の皆様、ドリームワンと一緒にコツコツと頑張って生き延びていきましょう。


2004年以降の会社の歴史については、会社概要をご覧ください。


  •   ■不戦勝経営ブログ(ほぼ毎日配信しています)

  •  ■元気になる動画(かなり頻繁に配信しています)

このホームページはドリームXジグソーで制作しています