5年先まで、お客が勝手にやって来るホームページにする

「ホームページは今のままでいいのか?」「このままのやり方で大丈夫か?」ホームページ運営に悩む不動産会社が多いです。

ワードプレスだから大丈夫、360°動画があるから大丈夫、インスタグラムをはじめたから大丈夫。そんなことで安心していませんか?

いくら物件を掲載しても、物件はネット上の資産にならない

ホームページ運営で悩む原因は、いくら物件をたくさんキレイに掲載してもネット上の資産にならないということです。

2016年頃からホームページに掲載した不動産物件は、物件名や条件でキーワードで検索しても広告物件以外はほぼ検索されなくなりました。それ以前は「物件名」や「地域名 間取り マンション」 などで検索されていたのですが・・・。

 

それに、1つの物件を多くの不動産会社やポータルサイトがこぞって掲載しています。これは検索ロボットにして見れば同じものが重複していて厄介、つまり重複コンテンツとしてペナルティー扱いになっている可能性もあります。そうだとしたら物件を紹介するほどホームページはグーグルに嫌われていることになります。

それでも多くの不動産会社は、物件数を増やすと反響が入ると信じています。物件がキーワードで検索されないということは、『何か他の原因』があると考えた方が良いかもしれません。

要はどんなにホームページで物件を増やしてもネット上で資産化できないということです。

そもそも今は、キーワード検索で物件を探す人はいない

検索の傾向に大きな変化が起きていることも事実です。上記で書いた『何か他の原因』とは、それは、そもそも今はキーワード検索で物件を探す人はいなくなったからです。

どういうことかと言うと、賃貸物件を借りる人、売買物件を購入する人は不動産会社のホームページで物件を探すのではなく、信頼できる不動産会社を見つけて、その不動産会社に安心で安全な物件を紹介してもらうようになってきました。

今の人は契約のトラブルや入居後のクレームなどに対応できる不動産と直接契約したいのです。こうした変化でキーワード検索で物件を探す人が少なくなったのも物件がキーワードで検索されない原因かもしれません。

それでは、お客が探す不動産ホームページにするにはどうすれば良いでしょうか?  それはブログで自社のことを何度も説明することです。

 

ブログは5年先まで、寝てても検索され続ける理由があります。それは

5年先まで、寝てても検索され続けるホームページを作る

ブログがこれから5年先まで検索され続けるには根拠があります。

Googleは新しい仕組みを発表してから本格的に取り入れるまで約5年くらいの時間をかけます。発表してから3年くらい経過してから、少しずつ新しい仕組みを試験的にはじめます。そして5年くらいの時間をかけて本格化していきます。

つまり、新しいことを発表してから本格的に実践するまで準備期間を含めて5年間あるということです。

Googleはブログなどのコンテンツを検索で上位表示すると発表したのが2013年頃です。日本では米国より1、2年遅れて2016年頃から試験的に稼働しはじめした。

2018年頃になって本格稼働しています。これまでの動向からして、キーワード検索でブログを最優先で評価する仕組みは少なくてもあと5年は続きます。

今からでも遅くはありません。あなたの会社がホームページで集客や反響を獲得するにはブログは最優先で行う作業になります。

ブログ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward