Vol.5 反響が増える不動産写真の撮り方 カメラのダイヤルは怖くない

地味な説明が続きますが頑張ってください。

カメラにはいろいろなダイヤルが装着されています。

厄介ですが慣れると意外に簡単です。

露出補正などの+ーのダイヤルは覚えておくと便利なのでどんどん使ってみてください。

特に使うダイヤルとほとんど使わないダイヤルがありますので頻繁に使うダイヤルを説明します。

カメラのダイヤルは怖くない

カメラにはオートモード(緑のカメラ絵)やP(プログラムモード)、A・Av(絞り優先)、S(シャッタースピード優先)モードなどがあります。

これらのモードは自動露出機能(AE)が働きます。


つまり、カメラが最適な露出を自動的に判断して「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を決定してくれます。

このAE機能のおかげでいろんな操作をしなくてもかなりキレイな写真が撮影できます。


通常はAvかPをよく使います。

カメラのダイヤル

慣れると便利な絞り優先(A、Av)モード

いろいろなモードを操作して撮影してみましょう。

デジカメはフィルムと違い感光紙や現像コストがありません。


撮影直後に確認ができます。

通常はAvが便利です。

夜間はSが活躍します。

両方の良さならPがいいでしょう。


とにかくたくさん撮影してみてください。

あなたの建物を見た情熱を画像にしてホームページで伝えてください。

あなたの情熱がホームページを通して伝わるように・・。

カメラの基礎知識 絞り 照明器具がない暗い室内で露出補正(+一)

露出とは、写真を撮るときに取り込まれる光の量のことを言います。

光の量は絞りとシャッター速度で決定され、それにISO感度を組み合わせた結果、写真の明るさが決まります。


真っ暗な部屋ではむずかしいですが、照明がないちょっと暗い部屋でも露出補正を+にすると撮影ができたりします。

反対に明るすぎる部屋の場合は露出補正をーにすると明るさを抑えることができます。



撮影が終わったら、露出補正をゼロにしておくことを忘れに!

以外に、これを戻し忘れて、前の人が撮影した露出補正で上手く撮影できないことがあります。

気をつけましょう。

この「きれいな物件写真の撮り方」の内容は長野市不動産会社「株式会社正木屋」様の柴田朋也氏のご厚意ご協力でドリームワンの勉強会で使用した資料を提供させていただいております。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward