Vol.18 不動産物件写真は誰に何を伝えるか

撮影の順番が無意識になると撮影時間の短縮になります。

これはとても重要です。日に何物件も撮影する場合は、時間との勝負になります。

撮影の順番は上記のようなモノがなくても習慣化されるようにしたいものです。

撮影に重要なポイント

物件写真を撮影する時の心構えとして
・誰に
・どのように
伝えるかを意識しながら撮ってみることが大切です。


最初に書きましたが物件写真は
ホームページで営業のためだけではありません。
ホームページで掲載していない部分で質問があれば写真で分かると現地へ行くことも無くなります。
撮影した人以外の方がお客様や内装業者から相談があった時にも使えます。

どれも基本中の基本ですが、これを守って撮影するだけで格段にきれいな物件写真が撮れます。

ぜひ、こちらも身につくまで印刷して撮影時に実践してください。

撮影の順番でスピーディーに撮る

撮影は「愛」。誰にどのように伝えるかを常に・・

下記の写真2枚をご覧下さい。
ただ突っ立って撮った写真です。


照明の反射など、撮影時間や天気の問題もあるのでしょう。
せっかく、キレイに原状回復したのに・・。
もったいないですね。
ただ、ひざまずくだけで変わるのです。

この「きれいな物件写真の撮り方」の内容は長野市不動産会社「長野市の正木屋」の柴田朋也氏のご厚意ご協力でドリームワンの勉強会で使用した資料を提供させていただいております。
 
長い間、お付き合いいただきありがとうございました。
これからは、
物件紹介の方法や「SEOに効くブログの書き方」を特集したいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward