ノー!家賃交渉 頑固な管理会社が愛される理由

不動産管理会社の社長様からお聞きしました。仲介業者は何が何でも決めたいので、新築物件でも、すでに家賃を値下げ物件でも、なりふり構わず家賃交渉をしてくる。

時代が時代だけに困ったもんだと嘆いていました。それなら・・・

こういう記事を書くと仲介業者からクレームが入ります。それが狙いです。

家賃交渉に応じません!

「駅から遠い、古い不人気物件だけでなく新築でもどんな物件でも家賃交渉をしてくる。困ったもんだ。どうしたらイイ?」と嘆く管理会社の社長、賃貸管理の責任者の面々。看板に堂々と『家賃交渉OK』を表示している会社もある。

家賃交渉は時代の流れで仕方ないとあきらめていませんか?  家賃交渉に応じない管理会社は不動産オーナーを熱狂的なファンにすることができます。

理由は? 建物・不動産の維持管理には金がかかるからです。固定資産税だって知らず知らずのうちに年々上がっています。これはバカになりません。

家賃値下げ交渉の末、建物の維持管理ができず、オーナーと入居者間でトラブルが起こる事例は増えています。健全なオーナーがいるから健全な賃貸経営ができるからです。安心と安全はお互いさまなのです。

例えば大家さんが物件を手放しオーナーチェンジとなった場合。直後に新オーナーは、今までの入居者に対し解約や家賃アップを一方的に言って退去を迫るとも可能です。これは民法でも認められた行為です。

好意的な新オーナーならイイですが、不動産を商売の道具と考えているオーナーなら、建物所有者が変わると入居者は以前のように、建物に入居を続けることができなくなることもあります。

入居者が快適に過ごしてもらうには金はかかる

大家さんは建物を維持するためにいろんな費用をかけています。


・建物修繕費

・固定資産税

・受水槽、高架水槽の定期点検

・消防設備点検

・エレベーター定期点検

・電気照明空調設備点検

・植栽・緑化管理

・清掃管理

などなど。

これは入居者の命に関わるものなので手抜きはできません。当たり前に費用がかかります。実際に自宅を所有する人はすべて自己負担です。安易な家賃の値下げはいずれ入居者に降りかかってきます。

優良な仲介会社数社とタッグを組む地元の管理会社

お得意様の事例です。地元の優良な仲介会社と手を組んで、良質な入居者を紹介してもらう小さな不動産会社があります。契約前の家賃交渉もなく

・大家さん、

・管理会社、

・仲介会社、

・入居者が

イイ関係を築いています。

入居率は8割を少し超えている程度ですが、この数年は家賃の滞納者や入居者間のトラブルもなく順調な経営をしています。空き情報があれば、すぐに数社の仲介店に情報を流し、原状回復やリフォームが完了するとその仲介店にオープンルームを開催します。

そういう状況なら入居率8割でも大家さんは賃貸経営が可能になり、入居者にも喜ばれます。

家賃を下げる=首を締める。家賃交渉できない理由をホームページ・ブログで説明する

家賃を下げるということは、賃貸経営を不健全にすることです。上記に記載しましたが、建物の維持管理には費用がかかります。

そのことをきちんとホームページやブログで説明すべきかと思います。家賃を下げないのではなく、下げられない理由の説明です。

それでも家賃を下げろという入居希望者には断ることも必要です。ボランティアで賃貸経営をしているわけではないはずですから。

家賃交渉には応じません! そういう物件もこれからは有りかも知れませんね。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページの活用方法を相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward