Vol.20 コンテンツマーケティングならプロの手を借りる必要はない

「コンテンツマーケティングを利用してインターネットで集客する」というと専門的な響きがあり、素人では無理だと思うかもしれません。しかし、素人でも一番戦いやすい戦法がコンテンツマーケティングなのです。

コンテンツマーケティングとは具体的に何をすればいいのか

コンテンツマーケティングとは、自社の業務に関連することを「コンテンツ」として発信し、コンテンツを読みに来るユーザーを集客して商売につなげるマーケティング手法です。具体的には、コンテンツを作成する作業が大部分を占めます。

 

作成したコンテンツが顧客の役に立つもの、顧客が面白いと思うものであるほど多くの顧客を集客できます。またコンテンツの量が多ければ、顧客の好みに合う確率が高くなります。

コンテンツマーケティングを外注できるか

コンテンツマーケティングをプロに外注することはできます。

ライティングの専門家をインターネットで探したり、付き合いのある広告会社を介したり、やり方はいろいろありますが、プロのライターを探すのはそれほど難しくはありません。予算的にも、TV CMなどよりはよほど安く済みます。

しかし、ライティングを依頼された方は、ライティングの専門家です。でも不動産のプロではありません。

コンテンツマーケティングの内容は誰が考えるのか

プロのライターが不動産業は自社の業務内容についての知識があるかどうかは、運次第です。まったく知識のない担当者もいます。その場合は、コンテンツのうちどの部分が顧客にアピールするのかもわからないでしょう。

その場合、自社の担当者が細かく打ち合わせして、アピールポイントやコンテンツのツボ、ポイントなどを伝える必要があります。時間もかかりますし、資料などの準備も必要になります。

それなら、自社でコンテンツを作成した方が的確なコンテンツを作成できるはずです。自社で作成した方が、よりユーザーに刺さるコンテンツが作成できるはずです。

そのため、コンテンツマーケティングにはプロの手を借りる必要はないのです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

社長ブログについてお気軽にご相談ください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward