Vol.9 反響が増える不動産写真の撮り方-明るくてキレイな外観の撮り方

今回は「明るくてキレイな外観の撮り方」です。


不動産のネット集客できるか否かは写真が最大の肝です。不動産会社の仕事は写真撮影のスケジュールを立てることが大切です。写真撮影は1週間先までの天気予報をチェックし撮影スケジュールを立てている会社もあります。

物件撮影は天候と時間が大切です。光が最大のポイントです

下の写真は午前中はバルコニーに日が当たり、玄関正面は逆光になります。

普通はバルコニーが南向きの建物が多く、このようになります。

このような物件は玄関正面は午後が順光になり下のようにキレイになります。

特に外観の写真撮影は1回で終わらない場合があります。

上手く撮れなかったら撮り直しも

建物は日に当たると立体感がでて「おっ!明るくていい感じだねえ」となります。

特に外観撮影は雨や曇りの時は避けたいですね。

物件撮影は天気予報と日常業務スケジュール調整が重要です。


不意に大家さんやお客様がご来店されても社内で代役できる人を準備しておきたいですね。

カメラの向きは水平垂直が基本です

いくら補正ソフトで編集できると言っても、できれば撮影時にしかできない限界もあります。

デジカメはフィルム写真と違い気にいるまで何枚も撮影できるというメリットを活かしましょう。

 

この「きれいな物件写真の撮り方」の内容は長野市不動産会社「株式会社正木屋」様の柴田朋也氏のご厚意ご協力でドリームワンの勉強会で使用した資料を提供させていただいております。

 

ドリームワンは小さな不動産会社のネット集客を応援しています

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward