Vol.54 ブログは見出しで文章が読みやすくなる。SEO効果も狙う

記事はていねいに書くほど長文になりやすいものです。しかし、ひたすら文字が平坦に並んだ画面は読みづらいです。読みやすい画面にするには、どうしたらいいでしょうか?

ひたすら文字が続くだけの文は読みづらい 

街の不動産会社のブログの主な読者は、物件を持っている大家さんです。大家さんは年配の方も多く、パソコンやスマートフォンの画面を長く見ているのは辛い方が多いのです。なかでも、文字がずるずる続いている画面は辛いという人が多いようです。 


そこで街の不動産会社のブログでは、大家さんに見やすく、読んでみようと思ってもらえる表示を作ることを心がけましょう。 そのためには、適度な長さで文章を区切って
間に空白や見出しの飾りを入れ、メリハリのついた画面にすることです。

なぜ長いあいだ新聞は読まれてきたのか? 文章のまとまり毎に見出しをつける 

下記の画像をご覧ください。なぜ新聞が長い間読まれてきたか、それは記事の内容もありますが、記事の構成が読みやすいからです。


べったり平坦に文字が並んでいるだけでは読みにくいものです。まとまりごとに区切り、区切りごとに見出しを付けましょう。


区切った文章には、内容に合った見出しをつけます。見出しを付けると視覚的にも区別されるので、より読みやすくなります。 

見出しを付けて区切った文章でも、1つの段落は2行から3行くらいまでにしましょう。段落の間に空行を入れると読みやすく、視覚的にも見やすくなります。 

空行は1行か2行にしましょう。

昔流行したブログのように、一度に3行以上の改行を入れて縦の長さを伸ばす必要はありません。

見出しにはキーワードを入れる 

見出しは大きな見出しと小さな見出しを使い分けます。 小さな見出しは必須ではありませんが、大きな見出しの内容が長くなったときには、さらに区切って小さな見出しをつけます。 

見出しには、なるべく内容をうまくまとめたものや、内容を読みたいと思わせる言葉を考えます。 さらに見出しにはその記事のキーワードを入れておきます。

そうするとそのキーワードに合った内容の記事であると評価され、SEO的にも効果があります。すべての見出しに入れる必要はありませんが、最初の大見出しや最後の大見出しにはキーワードを入れるようにします。

ブログはタイトルと見出しから書くとスラスラ書けます

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
store

会社概要

不動産ホームページ集客ブログ
photo

不動産ブログで集客しよう

photo

ブログ活用メルマガ登録

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ活用法について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward