日々是挑戦、時短の先に見えてくるモノ

誰が何と言おうが「時短」への日々是挑戦です。

誰も仕事なんて楽しいハズはありません。

社長が会社に居るだけで煙たい存在です。

でも会社に来ることが苦にならない楽しい会社づくりは永遠のテーマです。

今回の挑戦。月180分の時短へ

2017年日本政府が旗振りした「プレミアムフライデー」

ドリームワンはこれは時短のチャンスと、今でも実践しています。

月末の金曜日はわずか60分だけ早く帰社にしていますが。

 

2018年5月11日から

・毎週金曜日は30分時短(17時30分帰社)

・月末金曜日は60分時短(17時帰社)

になります。

 

これで月に180分時短です。

年間30時間=年間3.6日くらいの休日が増えます。 

 

次なる挑戦は毎週金曜日17時帰社です。

さらにその先は・・今は言えません。

業務の自動化を進めて「時短+少人数化」

内部作業の自動化がかなり出来上がってきました。

いろいろとあぶり出すと、もっと自動化できる部分が見えてきます。

 

自動化と言う仕組みが「少人数+時短」につながります。

 

パソコンやスマホの普及で不動産会社の方もスキルも年々高くなっています。

特にクラウド系アプリの拡大でパソコンやスマホの操作や使い方が標準化されてきたので、導入会社が増えてもサポートは以前より激減しています。

これは開発側も利用者側にとっても大きなメリットです。

双方とも、これに乗り遅れることが致命的になりそうです。

 

現在ドリームXは

お客様がネットでお申込みすると

・請求書発行(メールで通知)

・入金確認(クレジットカードまたは銀行振込)

・会社毎のサーバーの設定

・テストドメインの発行(すぐに操作でき、従来ドメインの移管も可能)

・アカウント発行(ID、パスワード)

上記作業は、自動的に行えるようになりました。

 

ご入金いただければ

当日、遅くても翌日にはドリームXブログや物件入力が可能です。

 

ドリームXの1週間無料体験も全自動でお申込みからアカウント発行、操作できるようになるまで自動的に行なっています。

お申込み頂いてから5分後には本番のドリームXと同じ操作が体験できます。

また操作に迷わないように、メールで操作方法をサポートする体験伴走応援メールも同時に1週間配信します。

上記のこの作業は昨年までは人手に頼っていました。

 

月額の請求書の発行なども自動的にメールで発送し

入金確認も自動的に行えるようになりました。

 

業務の自動化は人材不足の時代には欠かせない仕組みです。

ドリームワンは今後も積極的に自動化を推し進めます。

社員の健康管理と時短は社員を信じること

大きな会社が決済やら承認やらで手間がかかることでも、小さな会社だからこそ短縮できます。

時短で社員の労働時間が少なくなることは間違いありません。

それを補うのが業務の自動化です。

私が時短と自動化以上に大切にしていることがあります。

「社員を信じること」です。

 

基本的には、業務は各自にほぼ自由にまかせています。

朝日報と朝礼で各自の作業の報告を確認するだけです。

 

目標達成のノルマやスケジュールはありません。

委託乗務や外注ではありません。

スタッフは全員正社員です。

 

これで会社と言えるか?

成り立つのか?

とよく質問されますが、今のところ何の問題も発生していません。

もし問題が発生したら、修正と調整すればイイと思っています。

面白い会社。ドリームワンは目指す

ドリームワンは小さな会社です。

社長の私は経営能力や人望がある訳ではないのでスタッフの裁量でカバーしてもらっています。

これからも、それほど大きな会社にはならないと思います。

でも小さな会社だから面白いことができます。

小さい会社であることを誇りにしていきます。

 

残業禁止、日祝日出勤禁止、有給休暇取得の自由、時短、自動化・仕組化。

周囲に遠慮することもなく進めることができます。

小さい会社だから、人材の確保はむずかしいので自動化が必要です。

これからも開発は当然のように同じようなシステムの他社より1歩、2歩は常に先を前進します。

そのために、自動化と言う仕組みづくりをします。

・会社をどんどん変えます。CHANGE

・変えるために挑戦します。CHALLENGE 

・面白い会社にする今が。CHANCE

 

今までの勤めた会社で上手くいかなかったあなたへ

ドリームワンで面白い会社を作りませんか?

arrow_upward