一人社長だから委託した。不動産オーナーの心理

ご存知ですか?

いま、社長一人の小さな不動産会社がネットで集客している事実を。「信じられない」と思うかもしれませんが本当です。その理由とは?

受託を増やす不動産会社の主役は社長

大きな不動産会社ならともかく、小さな会社の主役はいつも社長です。不動産会社の実務は社長でなくてもスタッフでもできます。

 

でも空室を抱えている不動産オーナーは、

・社長の考え方、

・会社の経営方針

・社長の責任感、覚悟を

知りたがっています。

 

・真面目な社長か?

・会社経営に真剣か?

・本当に顧客を大切にしているか?

ホームページ内の「社長挨拶」だけでは伝わりません。

 

小さな不動産会社の社長ブログはトップセールスマンのメッセージです。

一人社長は他に頼るスタッフがいません。自身でやるしかありません。

今は社長はネットが苦手とか、ホームページなんて見たこともないと言ってはいけません。

社長はブログで

・地域のこと、

・自分自身の経験や知識を伝えてください。

それだけで十分です。

 

社長ブログを読んだ困っている不動産オーナーが社長の頑張りに共感して相談にやってきます。不動産オーナーも孤独だからです。

スタッフの頑張りも社長の営業にはかなわない

賃貸管理や売却を受託する不動産会社は不動産オーナーがお客です。

会社が大きくなるほど、支店が増えるほど社長と不動産オーナーとの距離が徐々に離れます。

だから社長が毎日のように発信する不動産会社の社長ブログは不安な不動産オーナーにはこの上なく貴重な応援メッセージです。社長ブログはネット上の励ましです。

たしかにスタッフが書くブログも効果があります。しかし社長ブログには到底かないません。

小さな不動産会社は社長がトップセールスマン

小さな不動産会社は社長がトップセールスマンです。これに勝るものはありません。とは言っても、社長が1軒ずつ飛び込み営業をするわけではありません。

インターネットという飛び道具を使えば1日に何十人、何百人も訪問営業ができます。

社長はブログで

・経験

・知識

・専門性(強み)

を伝えます。

そのくらいならどんな社長様でもできるはずです。

 

最初から効果があるブログを書くなんて考えないでください。書いているうちに、どんな記事、どんなことを書いたら多くの人に読まれるか、つまりページビューが増えるかが分かってきます。これだけは続けないと分かりません。

 

半年1年続けて共感されファンができます。その中に数人の不動産オーナーがお客になります。やがて社長に連絡したり来店します。小さな不動産会社は社長がトップセールスマンだと言う自覚・覚悟が成功への鍵です。

 

今、このようにして不動産オーナーから募集や管理、売却を受託している小さな不動産会社が増えています。地域の大きな不動産会社より、一人社長の小さな不動産会社は社長のトップセールスで受託を増やしています。

社長はノートパソコンとスマホとデジカメ(スマホのカメラでOK)を持ち歩けば、いつでもどこでもブログが書けます。

 

パソコンやスマホが苦手な社長でも簡単にブログが続けられるドリームX

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

社長ブログについてお気軽にご相談ください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward