管理費を払っているのだからセミの死骸を片付けろ!

「アパートの廊下にセミなどの虫の死骸が多くて困っている。管理費を払っているのだからもっと頻繁に清掃をして欲しい。」

これは入居者から管理会社に寄せられた実話です。

1件2件ではありません。年々増えています。

あなたはどう思いますか?

セミの死骸は誰が片付けるのか?

不動産会社の社長様から相談です。

「入居者から管理会社にメールが入りました。そんな場合はどうしたら良いですか」と私に相談されたところでどうにもならないですが。私の考えです。気にしないで流して読んでください。

 

私なら「ホウキとチリトリで片付けてください。」と言います。

それがダメなら

「セミのいない地域のアパートに住んでください。」

それしか答えは見つからないですね。

 

たった一人の入居者の要求のために他の入居者の管理費を上げることはできません。

あなたのために毎日清掃を入れるなら、「あなたは5万円の家賃の他に毎月10万円分の管理費を払ってください。」となるのでしょう。

虫だって好きこのんで、ベランダを訪問しない

別件ですが、もっとスゴイことを言う入居者もいました。

死骸だけではありません。

「虫がキライです。ベランダにセミやコガネムシが飛んできて困っています。虫が来ないようにして欲しい」

 

近頃の入居者の要求は止まることを知りません。

 

おそらく、虫だって好き好んでその方のベランダに行っている訳ではないはずです。

まあ無視するしかないですね。

契約書に「セミの死骸は入居者自身で」となるのかな

契約書や重説に「セミの死骸は入居者が片付けること」と記載する必要があります。なんとも不思議な時代です。

 

今日はこんなことを真面目にブログに書きました。

最近は笑えない入居者が増えています。

気をつけてください。 
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

似たようなことがあれば教えてください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward