不動産ブログで町おこし

近頃、テレビや新聞で「町おこし・地域おこし」のコンテンツを見聞きします。町おこし・地域おこしの目的は地元に移住してもらうことです。人が移住してもらうことは不動産屋の商売に欠かせません。これから地元を元気にするのが不動産屋です。

地元を元気にするのが不動産屋の役割

不動産屋は地元に住みたい人に不動産を紹介して商売しています。多くの不動産屋はお客に対して「この町のことは当然知っているはず」というホームページです。だから不動産しか載っていません。とても不親切です。

しかも、自分の会社のことも「ウチは不動産屋。不動産を紹介するのが仕事」と言わんばかりに不動産のことしか載せていません。その町にあなたのお店が1社だけならそれも良いでしょう。しかしあなたの町の不動産屋同士の競争は年々激しさを増しているはずです。

 

不動産屋はホームページでもっと地元の魅力を紹介して、一人でも多くの人に移住してもらいましょう。地元が元気になれば、あなたお店が活気づきます。

不動産屋は地元を元気にするのが役割です。これは商売の原点です。誰かがやってくれるからイイなんて指を咥えている場合ではありません。

地元にたくさんの人を移住させるのが不動産屋の仕事

不動産屋の仕事は、地元に興味を持ってもらい、たくさんの人を移住させることです。

市役所や役場の総務課や移住係に任せておいてはいけないのです。地元の不動産屋が総力を挙げて地元に移住する人を増やすのが仕事です。

 

不動産屋としての商売がこれからも続けらるかどうかは不動産屋次第です。と考えるととてもやり甲斐のある仕事、それが不動産屋です。

今はインターネットという、誰もが高額の費用を払うことなく情報を発信できます。「インターネットは飛び道具」です。ブログやホームページで簡単に地元の魅力を発信できます。

地元愛のない不動産会社に未来はない。伝えなければ伝わらない

地元を元気にできない不動産屋、地元愛のない不動産屋に未来はない。そんな時代がやってきます。もうすでにそこまで来ています。

これからは不動産屋が先頭に立って、ホームページやブログで地元の魅力、交通の不便さなど近隣に劣っているモノもあるかも知れません。でも「何もないから好き」という人もいるはずです。いると信じて地元を紹介しましょう。そうです不動産屋の仕事は一人でも多く移住させることです。

 

不動産屋はこれからも地元で商売を続けていくはずです。そのためにブログやホームページで地元を紹介してください。

「この町のココにコンビニがある」とコンビニをブログで紹介するだけでも魅力として伝えることになります。伝えなければ伝わらないのです。

小さな不動産会社は地元をブログで紹介して町おこし

町おこし、地域おこしという言葉が耳にします。いろんなイベントを開催して努力しています。でもそれを不動産会社がブログやホームページを地元の魅力、イベントを後押しして紹介してください。

地域のことを知り尽くした不動産屋がやるから効果があります。やがてそれがあなたの商売に繋がります。気の長いやり方ですが1年後、2年後に効果が現れます。

 

地元を元気にしたい町の小さな不動産屋さんの皆さん、地元をブログで紹介して町おこししてください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ集客について相談したい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward