決まらない物件を人気物件に育てる方法

零細不動産店が生き残るには、他社と違うことをやる。つまり差別化することです。そうすれば近所の同業他社と戦わない経営をすることができます。

小さな不動産会社は、そもそも資金力と人員が少ないのでいろんなことをやる余力はありません。自社の人員や資金の範囲内でできることを徹底的にやることです。

つまり、得意なことに専念することが大事です。他社と戦わないことで生き残りには大切なことです。

『目に止まる特徴的なタイトル』に変えただけで入居者が殺到

お得意様のA社の事例です。

「駅から遠くて古い物件をホームページに載せて、さらにブログで紹介しました。いきなり反響が入り、内見から成約までスムーズに決まりました」

ブログがキーワードで検索されて、ブログ経由でホームページへ誘導する方法です。ブログのメリットはキーワード検索されやすいということです。うまく活用すればポータルサイトなどに頼らなくても、自力で集客できることです。

ブログの紹介では

タイトル(単に物件名ではなく、目が止まる特長的な言葉例:〇〇公園に3分で行ける子育てにやさしいマンション

・見出しもキーワード検索されるように意識しました

・キッチンやエアコン、シャワートイレはメーカー名、製品番号が分かるように載せました

・貯水槽点検や消防点検時の写真や完了証などを画像で紹介した。

その結果、

・ブログが設備名、器具名、メーカー名などで上位表示され、検索されるようになりました

・「地域+物件名+キッチン」などでキーワードで上位表示されました

・紹介した器具メーカーのレビューなどを参考になり問い合わせになりました

こだわりのある顧客に突き刺さり、ページビューが増え、成約が増えました。



ポータルサイトなどの広告費を使わなくても自社ホームページとブログでポータルさいと以上に反響が取れます。

理由は、

・駅から遠くて古い物件は、決まりが悪いと他社が敬遠した

・管理会社でさえ、間取りと写真が3枚くらいしか載せていなかった

・他社より物件の掲載に愛情を注いで掲載したからです。(A社長のコメント)

他社と同じような紹介で物件を不人気にしている

Q:みんなと同じ紹介方法で、なぜうまくいかないのか?

A:みんなと同じ紹介方法だからうまくいかないのです。

多くの同業者が取り扱う物件をあなただけに振り向かせるには、他社と違う紹介方法で注目してもらう必要があります。


同じ物件ならポータルサイトも不動産ホームページも

・家賃や賃貸条件は同じです

・物件紹介も「物件名、家賃、写真、設備紹介」などほとんど同じです

・ほとんどがみんな同じなのです

 

そこで

設備や器具を

メーカー名や機種番号が分かるような写真で紹介します

物件紹介ブログに器具のメーカーの紹介ページのリンクを貼りまります

利用者のレビューやブログのリンクを貼って紹介します

これだけで他社の紹介と差別化できます

 

それだけで、他社の物件紹介よりあなたの紹介に顧客はビビッと感じます。「この店のこの人で決めたい。契約したい」とあなたの情熱が勝ります。

 

その紹介を見た大家さんは感動します。

空室で悩む別の大家さんはあなたに募集依頼にやってきます。

大家さんが感動する物件紹介に、入居者も心が動きます。

反響率、来店率、成約率が他社と断然に違ってきます。

 

このような紹介方法をすればセールス(売り込みや広告)は不要になります。売り込まなくても(広告しなくても)勝手に顧客がやってきます。

コレからも今までのやり方で損を続けますか?

あっち(近隣同業者)が使っているからポータルサイトを使う。「どうせ、広告費は会社が払うから知ったこっちゃない」そう思って、広告費を無駄に使い続けている会社がいます。

他社と違う紹介方法をすれば、近所の不動産会社が広告費を使って集めた顧客をあなたへ振り向かせることができます。それには、近所の不動産会社があまり振り向かない、取り扱わない「レアな物件専門店」を紹介しましょう。

例えば「レインズの図面無し物件」や「業者間で流通していない管理会社が抱えている物件」などです。

このような物件管理会社を御用聞き訪問すれば意外に簡単にもらえます。あなたの周りにレアな物件はかなりあります。それを、自社ホームページとブログで徹底的に詳細に紹介しましょう。


1年後あなたのお店に、「ズーッと決まらない空室で困っている」という大家さんから受託できます。

ぜひ、近所の不動産会社と違うことをやってみてはいかがでしょうか?これだけオリジナル物件の紹介方法のヒントがあれば、今からでも作れそうですね。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
store

会社概要

ドリームワン株式会社
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward