ホームページの運営に行き詰まったら、効果的な2つの方法

ホームページ運営に行き詰まっていませんか?  これから先のことを考えるとホームページをどのように運営していいか分からない。もしそうだとしたら、この記事はお役に立てると思います。

物件入力を停止する。30日間ブログを発信してみる

これから30日間、物件入力を停止してみてください。まずこれがスタートラインです。

次に行うことは、ブログを30日間書いて発信してみてください。記事の内容は最初はどんなことでも構いません。記事の内容が思い浮かばなければあなたの趣味や食事、近所のカフェや日常的なことでも、まずは気にしないで発信してください。

【注目】アメブロやgooなどの外部のサービスブログを利用するなら、各記事の最下部にあなたホームページのURLや読んでもらいたいコンテンツのURLを貼ってください。

 

その間、毎日グーグルアナリティクスでアクセス数をチェックしてください。チェックする内容は毎日の訪問者数(セッション)とPV(ページビュー)です

あなたの意識とホームページのアクセス数に変化が起こる

1週間から10日間位書き続けると、少しずつアクセス数が増えていることが分かります。最初は牛歩の1歩です。結果を焦らないでください。新幹線でも飛行機、ロケットでもスタートはゆっくりです。

 

少しずつ変化するその数字を見てあなたの意識は、行き詰まりを感じていた頃に比べて変わっているはずです。「毎日ブログを書くともしかして効果があるかも」と感じるはずです。

 

こんな気持ちになったら、次は

少しでも変化を感じたら、お客に突き刺さるブログを書く

あなたは不動産のプロです。あなたがお客にしたい人に対してプロとして、お客に突き刺さる記事を発信してください。それはあなたの経験と知識と専門性(強み)の記事です。あなたの得意な分野で記事です。

不動産を販売することや売却することが得意な方でも、賃貸や賃貸管理は経験がなく苦手な不動産会社社長はたくさんいます。そういう時は苦手な賃貸や賃貸管理の記事は書かなくて良いのです。

あなたが得意な分野の記事だけを発信すれば良いのです。苦手な分野の記事は得意な他社に任せてイイのです。『何でもできる=何もできない』と同じなのです。

 

意地悪な言い方かもしれませんが「得意がない」なら、これからホームページで集客するのはかなり難しいかもしれません。なので得意な分野を見つけてください。

 

その間も、毎日グーグルアナリティクスをチェックすることは忘れないでください。

SEOに効く不動産ブログの書き方で記事を書く

あなたは物件入力を停止して、ブログだけを書き続けて1ヶ月が経ちました。その頃には、あなたのホームページのアクセス数は今までの2倍以上になっているはずです。

中には、「ブログを読んだ」とお問い合わせや「相談したい」と来店があるかもしれません。それをもっと確実にして、その頻度を高めるために、ここから先はSEOに効くブログの書き方で記事を書いてみましょう。

 

それはタイトル、見出し、写真にグーグルの検索ロボットに分かりやすいように<タグ>を付けることです。これができればブログ集客に拍車がかかり、アクセス数は飛躍的に伸びます。

読者はあなたのファンになり信頼関係が生まれる

多くの方にブログが読まれるようになり、記事に共感した読者はあなたのファンに見込客になっていきます。見込客との間に信頼関係が生まれます。

ホームページはこうやって育てていくものです。今すぐに反響や問合せ、来店のためにただ物件を羅列してもグーグルは評価しません。

今一番大切なことは、1日も早くグーグルに評価されることです。そのためにはまずは物件入力を停止してください。

arrow_upward