スタッフブログより社長ブログの方が圧倒的に集客できる

小さな不動産会社の社長が発信するブログは、スタッフブログより説得力があります。ブログは社長が書いて発信すればホームページ集客は上手くいきます。

小さな不動産会社は社長次第でどうにでもなる

不動産会社に相談したいと考えている不動産オーナーは、不動産会社の社長がどんなひ人か、どんなポリシーがある社長かが知りたいのです。不動産オーナーをお客にしたいと考えているなら、不動産会社の社長がブログを発信すると面白いほど集客できます。

コレが一人社長の不動産会社がブログで集客している理由です。小さな不動産会社のホームページ運営は社長の行動力次第でどうにでもなります。

社長は毎日ブログを発信すると行動すればネット集客は上手くいく

5名以下の小さな不動産会社の場合、社長様が毎日ブログを発信する会社の5割以上はホームページ集客が上手くいっています。そうです。ホームページ集客で大切なことは『社長の実行力と覚悟』です。

お客様訪問、セミナー、ゴルフよりブログが最も効果的だということをご存知でしたか?

スタッフがいないからこそ、社長はひたすらブログを発信する

小さな不動産会社の社長は、

・スタッフがいないからブログが発信できない

・なんで社長が苦労してブログを書かなければいけないのか?

・ブログなんてスタッフが書けばイイのだ

とホームページ集客の責任を転化します。

 

物件を紹介するより、ブログの方が集客効果があることが分かっていでも、いざとなると行動できない。それで会社を苦しめているなら今すぐブログを書いた方が得策です。

スタッフがいない(少ない)小さな会社なのですから、腹をくくって社長がブログを書きましょう。社長の経験・知識・スキルはスタッフの誰も追いつけないはずです。

その「社長の経験・知識・スキル」をブログで発信してください。必ず問合せ、反響が入ります。信じて発信してください。

「なんでブログ」と思っているスタッフは良い記事が書けない

スタッフにブログをやってもらっても、良い結果にはなりません。

なぜなら、「なんで私がブログを書かなければいけないの」と思っているスタッフは絶対に不動産オーナーの心に響くブログは書けないからです。そんな気持ちでブログを発信するなら却って逆効果です。

ブログは無理強いしてはいけません。スタッフが育ってくるまでじっくり待ちましょう。それまで社長が書けば良いのです。

「気が向いたらやってね」と言えば、有能なスタッフは気付きやる

どこの会社にも有能なスタッフがいます。それを見分けるには強制せずに「気が向いたらブログ発信してね」と言えばイイのです。

有能なスタッフは、それだけで理解できます。そしてやがて自らの意思でブログを発信するようになります。そういうスタッフを給与や待遇で評価すれば良いのです。

マーケティング部や広報部がない小さな不動産会社は社長が先頭に立ってブログを発信してください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward