読んでもらえる記事にするために、「見出し」を工夫しよう

ブログの記事は、一面に細かい文字を埋めるのではなく、まとまりごとに「見出し」を入れます。

うまい「見出し」を入れることで読者をひきつけ、最後まで記事を読んでもらうことができます。

また「見出し」をうまく使うと、SEO上の効果はタイトルより高いです。

見出しはタイトル以上に大事

ブログの画面を眺めると、一番上にタイトルがあります。次に目立つのが「見出し」です。

見出しは本文よりも大きな文字になって、自然に目が行くようになっています。つまり、見出しはそれだけ重要な存在です。

新聞やブログを読むときにこういう読み方をしていませんか?
1、タイトルに記事の興味を持つ
2、リード文(要約)を読んで記事全体を把握する
3、数カ所の見出しを見つけて、興味が膨らむと
4、記事を読み始める

見出しの言葉は、その段落の内容を分かりやすく表し、ユーザーの興味を惹いて、最後まで読み進められるようにサポートする役割があります。また、見出しは文字の大きさや余白が本文とは違うので、画面にメリハリがつきます。

参考にいろいろなブログを眺めてみると、大見出しや小見出しを使い分け、本文は細かく区切っているのに気がつくはずです。一度に目に入る文章を少なくすることで、読みやすく見せているのです。

見出しにキーワードを盛り込む、タイトルよりSEO効果が高い

狙っているキーワードを見出しにうまく盛り込むと、そのキーワードで検索したときの順位を上げることができます。これはGoogleが「見出しに使われているキーワードは、そのページの内容と関連性が高い」と判断するからです。

この方法はSEOのテクニックの1つで、かなり重要な手法です。
1.タイトル、
2.見出し、
3.リード文(ページの最初にある前文)にキーワードを入れると、

そのキーワードと関連性の高いページであると判断され、そのキーワードで検索したときに上位に表示されるのです。

見出しで中身をわかりやすく簡潔に表現する

しかし、検索順位のために無理矢理キーワードを詰め込んだ不自然な言葉づかいの見出しでは、ユーザーを惹きつけることはできません。変に凝ったことをせずに、シンプルでも、素直に内容を示す言葉を見出しにします。

そうすれば、自然にキーワードが入った見出しが出来上がるはずです。

もし、本文をまとめているはずなのにタイトルや見出しにキーワードが入らなければ、その場合は、そのページで狙うキーワードの設定が間違っています。もう一度記事の構成を考え直しましょう。

見出しに沿った内容の記事を忠実に書く

記事を書いていくうちに、いろんな内容が思い浮かんで、結果的に見出しと違う文章になる場合があります。その場合は「見出し」を書き換える方法もありますが、タイトルとかけ離れないようにしましょう。

記事を書くときに決めた「見出し」に内容の記事を書くことが大切です。つまり見出しのことだけを考えた記事にすることです。

ブログを書くことに慣れてくると、下記のような書き方になります。
1、タイトルを決める(記事が書き終わると、見直すことが多い)
2、見出しを3つ、4つと決める
3、見出しに沿った記事を書く(見出しと記事はセット)
4、記事を読み直す
5、場合によっては見出し記事を入れ直す
6、要約(リード文を書く)

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ活用法について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward