物件に人が集まるのではなく、店やスタッフの魅力や努力に人は集まる

今はモノが売れない時代と言われています。インターネットの普及で誰でも製品の内容や購入者のレビューを見たり聞いたりしてから動きます。つまり疑い深くなった人たちが多くなったということです。これも時代の変化です。仕方ありません。

そんな中でも元気なお店があります。これは町の小さな不動産会社も謙虚に見習う必要がありそうですね。

売れている店と売れない店の違い

モノが売れないから、だからしょうがないと諦めている人も多いです。たとえ頑張っても無駄とヤル気がない人が多いです。

あなたのライバル同業者も売る気が薄れています。やる気のあるあなたにはチャンス到来です。


モノが売れない時代に驚くほど売る店があります。元気なお店は自社の強み、近隣他社との違いをハッキリと伝えています。


あなたもそんな元気なお店になることができます。売れる元気な店と売れない元気のない店はなにが違うのでしょうか?

近所のお店より少し努力するアナログのお店が繁盛している

最近見かけた元気な本屋さん、元気なパン屋さん、元気な物品販売店には商品ごとにPOPや張り紙が貼って商品を目一杯アピールしていました。商品の紹介だったり、レシピだったり、お役立ち情報が商品ごとにあります。

私は以前、「こんな商品紹介やPOPを読む人いるのかなあ」と思っていました。でも、そういうPOPや張り紙がたくさんある店はお客様が多く賑やかなのです。

理由を考えてみました。そして分かりました。POPや張り紙を読んで見ると、手間をかけて読む人を「その気」にさせる内容が書いてありました。

恐らく最初から「その気」にさせるタイトルや文章は書けなかったはずです。何度も書いて、書き直して努力したと思います。その努力に価値があることが分かりました。


たとえキレイな文字でなくても、書き手の人柄が伝わって来ます。『店長のイチ押し』、スタッフのオススメや感想、お客様の声など・・・そういったレビューです。


その商品を買い求める時に、それを楽しく読んでいる自分がいました。

「このPOPを書いた人は、レジにいるこの笑顔の人かもしれない」

「どんな思いで書いたのだろうか?」

と想像してしまいます。そしてやがてお店のファンになって商品を買います。


モスバーガーの入り口の黒板などは、その典型かもしれません。ビレッジバンガードの店員さんの感想が書いてあるPOPにつられてついつい、オススメの本を買ってしまいます。

ネットの時代だからこそ、見直されるアナログコンテンツです。『この店のこの人から買いたい』になります。

コツコツ努力している店を客は見放さない

疑い深い人が増えて売れない時代にどっこい売れている繁盛店があります。そういうお店は、コツコツ人一倍努力しています。

今どきは、POPや張り紙を商品ごとに作ることは並の努力ではできません。一回作ってしまえば、1ヶ月位は使えるかも知れませんが。一枚一枚、丹精込めて愛情込めなければ、絶対に「手抜き」と見抜かれます。


不動産会社のホームページも同じです。ホームページの「お知らせ」や「ブログ更新日」が数ヶ月前だっら瞬間離脱されます。

それに物件の陳列羅列では問い合わせも集客できない時代になりました。今は広告費をたくさん使ったからと言っても来店や売上には直結しません。


不動産会社も人気店のPOPや張り紙のように物件を登録したり、お店の強みや魅力、他社との違いをブログで発信したら今までと違う集客ができます。

そっちの方がむしろ効果的です。

物件情報に人が集まるのではなく、あなたの会社の安心や信頼にお客様は集まってくる時代です。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

コメントする

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward