ホームページに問合せ・反響がない? あなたを選ぶかどうかは相手の自由

「ホームページに物件を登録してかなり頑張っているけど問合せ・反響がない。どうしたらイイか教えて欲しい」不動産会社の社長様からご相談がございました。

あなたのホームページを選ぶ選ばないは相手の自由です。ではどうしたら選んでもらえるのでしょうか?

相談されたい顧客に向けて、読んでもらいたいブログを発信する

ホームページ内に
・コンテンツ(ブログ記事)が300記事以上ある
・アクセス数が月間2万ページビューもある
・なのに問合せ・反響がない
という会社の社長様のご相談です。

近頃、不動産会社の間にブログが集客に効果があるという噂が広がってきました。そのせいで積極的にブログを発信する不動産会社が増えています。それはそれで嬉しいのですが。

これだけ多くの不動産会社がホームページを持つ時代です。誰も集客が上手くいくということはありません。誰かが上手くいけば、誰かが上手くいかない。これが世の中の道理です。

あなたのお店を選ぶ、選ばないは相手の自由です。だったらお客さんに選ばれて、相談される不動産会社になりたいものです。そうなるためにはどうしたらイイでしょうか?

それは、相談されたい顧客に向けて、読んでもらいたいブログを発信すればイイのです。ただそれだけです。

何を困っているか? どのように解決したいか? 誰に相談したいか?

では、読んでもらえるブログとはどんなブログでしょうか? 

あなたが顧客にしたい人が
・困っていること、
・悩みや問題を解決したいこと、
・それらを誰に相談したいか
をネット上にあるたくさんのブログの中から検索して探します。あなたはそういう顧客の悩みを解決する記事をどんどん発信してください。

アクセス数が多いのに問合せ・反響がない(少ない)。でもホームページは見られている。その多くの原因は、地域の紹介ブログが多いけど不動産の専門の記事が少ないホームページです。

地域紹介や地域のイベント紹介はホームページ集客には重要です。地域紹介ブログはアクセス数を増やすことはできますが、問合せ・反響を増やすことは難しいからです。

つまり地域紹介と不動産の専門記事がセットになって問合せや反響があるからです。

最初は、地域情報でアクセス数を増やす。ある程度のアクセス数(月間5000ページビュー)を超えたら、不動産の専門知識のブログを発信する。専門知識の記事があれば問合せ・反響が増えます。


不動産の専門記事で覚えておいて欲しいことがあります。それは「何でもやる=何もできない」ということです。

例えば不動産の税金に関しては、不動産オーナーや投資家の方は不動産会社の方より詳しい人が多いです。そういう人を顧客にしたいなら税金問題は避けた方が無難かもしれません。

もっともあなたが税金に誰よりも得意なら問題ありませんが。とにかく苦手なことは他社に任せて、あなたの得意分野を記事にして発信してください。

あなたが顧客の悩みや問題を解決するプロになれば、顧客は集まってくる

あなたが得意なことで勝負してください。決して自信がないことや不得手な分野は避けてください。

時間の無駄になります。お金にはならないでしょう。

大切なことは、あなたは不動産の一つもしくは複数の分野において『不動産のプロ』であるという自覚を持ってブログで記事を書いて発信してください。やがてあなたは得意な分野で誰よりも影響力を持つ『不動産のプロ』になっているはずです。

あなたのブログを読んで、問題や困っていることを解決したいと悩みを抱えている不動産オーナーや大家さんはあなたのお店を目指して脇目も振らずにやってきます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward