ショッピングモール、大型商業店舗は負け組か

各地のショッピングモール、百貨店、大型商業店舗が苦戦している。これは新型コロナの影響だけではない。それ以前から起こっている社会問題です。

スーパーや百貨店より、安くて商品が豊富なホームセンター

近所にあるショッピングモールに月に1、2回は夫婦で行っています。欲しいモノは何もないけど、モール内外のベンチで本を読むには最高なので。

妻も健康がてら?モール内をウインドウショッピングしています。たまに足を伸ばしてホームセンターにも行きます。

今ホームセンターはショッピングモール以上に充実しています。ほとんどのホームセンターは駐車場が無料で利用できます。

スーパーマーケットや百貨店の駐車場は2000円以上で1時間など、ケチ臭いところが多い。駐車場の台数が少ないから仕方ないですが。それじゃあ、ちょっと足を伸ばしてホームセンターに行くかとなってなります。

ホームセンターへ行くと、あんなに買えなかったマスクが山積みになって、いくらでも持っていけとばかりの威勢の良さがあります。さらにペットも一緒に入店できるホームセンターもあります。フードコートが併設と至れり尽せりです。

そのせいで、ショッピングモール、大型商業店舗も徐々に元気がありません。この流れで古いタイプのスーパーマーケットや百貨店に行かなくなるのも分かります。

わざわざ店に行かなくても、注文すれば届けてくれる

時代は刻一刻と変化しています。見なくても欲しいものが分かっていれば今はネットで注文すれば自宅まで配達してくれます。それも低額な商品でない限り送料込みです。

わざわざ、そのための時間を割いたり、交通費やガソリン代を払わなくても欲しいモノが届きます。20年前までは信じられない変化です。

これはもっと変化します。例えば

ドローンや配達ロボットで山奥、へき地でも配達してくれる

今、海外ではドローンや配達ロボットの開発が急ピッチで進んでいます。5年もすれば山奥やへき地に住んでいても配達してくれます。

リモートワークや地方移住などが進む中でどこに住んでいても、買物に不自由が無くなるという訳です。まだまだ先の話と思っていても、そんなに先のことではありません。


現に10年前、TVのドキュメントでアメリカのスーパーマーケットがセルフレジの普及を放映していました。「まもなく日本でも普及するでしょう」と言っていましたが、今や日本のスーパーマーケットでも急ピッチで普及しています。

最近はセルフレジの方が利便性を感じるようになっています。電車やバスに乗る際にSuicaやPASMOなどの支払の方が現金より便利だと感じるように。不思議な進化です。


ショッピングモールや大型商業施設は、モール内に出店するコンテンツ(店舗)に魅力が無ければ衰退します。ただお客さんを集める器と言う役割では、どんどん淘汰されるのは確実です。さらに、いま勢いがあるホームセンターも、やがて落ちぶれるかもと思ってしまう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward