未来は若者の選択にかかっている

わが国の新しい内閣が決まって1ヶ月余りです。

このブログで政治のことを書くつもりはありませんが、平和で住みやすい日本になるように願っていますので、現政権には頑張って欲しいです。

日本はどこに向かうのか?

・東京ディズニーランドやシーを運営するオリエンタルランドは、冬の賞与70%削減。
・みずほ銀行が週休4日で給料6割、週休3日で給料8割の人件費削減。
・全日空が年収3割減で冬賞与0円に削減。
・三菱自動車が500人規模の希望退職募集。

大手企業でこんな状況です。零細企業の不安はこんなモノではありません。これからの日本はどうなって行くのでしょうか? それでも常に希望に溢れる国にしたいですね。

給付金・補助金、GO TO トラベル、GO TO○◯、コロナワクチンも税金

今回コロナでいろんな補助金やGO TO トラベル GO TO  ◯◯が続々と誕生しました。さらに新型コロナワクチンが無料になると騒いでいます。

これに反対する気持ちはありませんが。喜んでばかりいられません。

上記もコロナの影響で支出したいろんな給付金や助成金は税金です。今後どこかで調整されます。最近は社会保険料が知らないうちに上がっています。常に確認する習慣を持ちましょう。

これを”未来へのツケ”と呼ぶべきでは無いと分かっていますが、でもこのツケは税金で必ず徴収されます。若い世代や子供たちの未来を考えると、落ち着かない気持ちになります。

選挙に行くことが政治に参加すること。それが未来を選択すること

「選挙に行っても何も変わらない。だから選挙には行かない」という人が多いです。特に選挙権を持つ若者世代に。

でも、頑張ってもらいたい人に投票して政治を任せたい。国会や議会で寝ている人や悪いことをした人を落とすために選挙に行って投票することも政治に参加することです。選挙へ行くことが自分の意思で政治に参加することです。

若い人がもっと積極的に選挙に行って政治に参加することが、日本の未来を選択することになるはずです。そう意味では、未来は若者の選択にかかっていると言ってもいいかもしれません。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward