誰も教えてくれない、ホームページ集客法

ホームページを所有すれば、世界中や日本中から問合せやお客さんがやってくる。多くの不動産会社が、そんな夢をいだいてホームページをはじめます。

物件数を増やせば問合せが入るとか、写真をキレイに撮って載せれば反響が来る、360度グルグル回る動画を載せると反響が増える。そんなことを言われて、実際にやってみても思うようにいきません。

結局、誰もホームページ集客の方法を教えてくれません。

以前のやり方が通用しなくなった

多くの不動産会社がホームページをスタートして、最初にやることは物件入力でした。たしかに10年以上前は、ホームページに物件を掲載していれば問合せや反響がありました。

もっと驚くのは、その物件でいきなり申し込みが入ることも珍しいことではありませんでした。今ではそんなことは奇跡になりましたが。

時代の変化で、ホームページ集客のやり方が変わっている

時代の変化の中で、不動産の探し方もどんどん変わっていきました。情報が少ない時は写真や間取図がなくても、物件一覧の文字情報だけで成約できました。信じられないですよね。

『もっと便利に、もっと快適に』を追い求めていく中で、不動産の探し方、ホームページの表示方法も進化しました。

インターネットの進化で台頭してきたYahoo、Google

インターネットの進化に伴って躍動してきたのが、ヤフーやGoogleなどの検索サイトでした。最初は世界中の辞書や辞典をひとまとめにしたようなモノでした。

人は悩んだり、困ったりした時に、今すぐに知りたい・解決したいという願望があります。その想いに対応するために登場したのが検索サイトでした。

人々はその便利さに驚き、誰もが検索サイトを利用するようになりました。やがて不動産を探す場面でも、物件や信頼できる不動産会社を探すために検索サイトを利用するようになりました。

今では、不動産会社のホームページがYahooやGoogleで検索されないと、問合せや反響を得ることは不可能です。

ホームページを見つけてもらうには

では、実際にホームページを見つけてもらうにはどうしたら良いでしょうか?

答えは、発信すること、発信し続けることです。理屈抜きにそれしかありません。

検索サイトは「サイト訪問者に役立つコンテンツを上位表示する」と宣言しています。上位表示してもらうためには発信する以外にありません。

誰も最初から、読者に役立つコンテンツは発信できません。たくさん発信している内に1記事、2記事とイイ記事が書けるようになります。

イイ記事かどうかを判断するのは検索サイトですが、その基準になるのが、その記事の訪問者数とページビューです。記事を増やし続けると、ホームページ全体のアクセス数(訪問者、ページビュー)が増えていきます。やがて検索サイトで上位表示され、ネット上で有名なホームページになります。


この場合の記事のコンテンツとして、便利なのがブログです。とにかく、ブログでコツコツと記事を発信し続けてみて下さい。

誰もホームページ集客法を教えてくれないと嘆かないでください。私はバカの一つ覚えてとして、これからもブログ集客法をあなたに御伝授いたします。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward