ブログはスマートフォンからも見られるようにしよう

最近はスマートフォンユーザーが増えています。ドリームワンのお得意様のデータによるとホームページ訪問者の85%がスマホ経由です。

ネットを見るのもスマートフォンからという人が増えています。もはや、スマホだけに対応していれば何とかなりそうという状況です。

作成するホームページは基本的にスマートフォン対応しましょう。

スマートフォン対応でない場合

スマートフォン対応ではないホームページをスマートフォンから見ると、パソコンで見るのと同じものがスマートフォンの小さい画面に表示されます。全体が小さくなるので文字も小さくなってしまいます。 これではホームページ訪問者の不満度が増します。

タブレットなら少しはマシになりますが、小さめになることには変わりありません。 そのままでは、高齢者だけでなく若者が見ても見づらくなります。

ホームページやブログを作成するなら、基本的にスマートフォン対応しておきましょう。

ブログはスマホで閲覧が圧倒的に多い。デザインもスマホに対応するレスポンシブデザインが良い
ブログはスマホで閲覧が圧倒的に多い。デザインもスマホに対応するレスポンシブデザインが良い
ブログはスマホで閲覧が圧倒的に多い。デザインもスマホに対応するレスポンシブデザインが良い

ホームページやブログを作成するときもスマートフォン対応を

スマートフォンはいろいろな年齢層に広がっています。今時は携帯電話を機種変更しようとすると、スマートフォンになってしまうからです。 

ホームページやブログを見るときもパソコンよりスマートフォンで見る人が多いようです。サイトにもよりますが、40代以下ではパソコンよりもスマートフォンで見るという人のほうが多いという調査もあります。

タブレットユーザーのシニアも多いので、年齢層だけで区切ることはできません。 街の不動産会社のブログでも、スマートフォンへの対応が必須になります。

端末に合わせて最適な表示にしてくれるレスポンシブデザイン
端末に合わせて最適な表示にしてくれるレスポンシブデザイン
端末に合わせて最適な表示にしてくれるレスポンシブデザイン

ブログはスマートフォン対応がしやすい 

ブログは、基本的にスマートフォン対応しやすいつくりになっています。 レスポンシブデザイン(responsive design)に良いでしょう。

これは見る側が使っている端末の画面に合わせて表示を変化させるという意味で、こう書いてあるテーマなら、何もしなくてもスマートフォン対応になっています。 

レンタルブログでも、基本的にレスポンシブデザインのものが多くなっています。「スマートフォン用テンプレート」で好みのデザインを選ぶこともできます。 

重要なのはスマートフォンからでも快適に見られることです。スマートフォン対応は最初に1回設定すれば後は放置でいいので、忘れずに設定しておきましょう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward