ブログは古い手法でしょうか? 成約率が高い不動産集客法

6年ほど前『不動産のネット集客にブログが効果的』と毎日のようにブログやメルマガで不動産会社様に伝えていました。すると、たくさんの方から「ブログは古い手法だ」と言われました。

最近はその多くの方から「ブログはネット集客に効果がある新しい手法だ」と言われるようになっています。いったいこの数年間に何があったのでしょうか?

"コンテンツ"と言う言葉がブログを蘇らせた

2015年頃までは「ブログは死ん だ」と言う人が多くいました。私自身は「ネット集客にブログは効果がある」と確信していました。それでも多くの方から「ブログはオワコン」と言われることにほとほと疲れていた頃でした。

それが2016年頃から、”コンテンツ”という言葉がマスコミやネットで賑わうようになり、状況は一変しました。「ブログは古い」という意見は間違った意見であるだけでなく、ブログをやめた人たちが大きな後悔をしていることを近頃はよく聞きます。

ブログ読者のほうが物件中心の訪問者より再訪率、成約率が高い

理想の顧客や不動産オーナーを集めるためにブログ集客をしているドリームX導入会社にこの話をすると、「物件紹介中心のホームページより、来店・契約に至る確率がはるかに高い」という答えが返ってきます。さらに、「ブログ購読者のほうが物件中心より、再訪率が高く、気が変わる可能性が低い」という話も聞きます。


ホームページが月間10万PV(ページビュー)の大成不動産様は、ホームページ開設以来15年間毎日、松浦社長はブログを書き続けています。そして98%の 顧客がブログ経由であり、ホームページ開設以来、毎年成約と売上を増やしています。「ブログは誰でもできるけど、毎日続けることは誰にもできない。だから毎日続けるだけで誰でも売上は増やせます。ウチも軌道に乗るまで3年かかったけど。4年前に新しくはじめたダスキンのホームページは1年半で軌道に乗りました。今はやり方が分かっているからね」と松浦社長は言います。

 
誰もできない、この「継続」こそがブログ成功の原点です。大成不動産様が地域で一番の知名度の会社になった理由が15年間のブログでした。

なぜ、ブログで物件紹介をすると上位表示されるのか? ブログこそ最も新しい手法です

不動産ホームページシステムで物件紹介をしても一向に上位表示されません。ブログでGoogleの検索ルールに沿って物件紹介すると上位表示されます。

この違いは何でしょうか?

ブログの仕組みをGoogleが評価しているからです。これは理屈抜きです。ドリームワンが提供するドリームXの物件紹介もプログラムの裏側ではブログの仕組みを採用しています。他のシステムより物件紹介はGoogleに評価されやすくなっています。

ブログは古い手法ではなく今最も新しい手法です。

 あなたの会社の知名度を倍増させることに力を注ぎます

ブログを批判する意見に1つ真実が含まれています。個性のない退屈なブログは死を免れることはできません。

面白みに欠け、内容の薄い、楽しくもないブログを人は読みません。これは真実です。読んでもらえなければ意味がないのです。

ドリームXにはSEOに効くブログのテンプレートを用意しています。ブログがキーワード検索でされるためには

タイトル、リード文、見出し、記事、写真に<タグ>を埋め込まなければいけません。これがなかなか面倒な作業です。

ドリームXはブログを書くだけで自動的に<タグ>が設定されるようになっています。これがドリームXで書いたブログが検索され、読まれ、長く購読される理由です。

ドリームXの紹介はこちらをご覧ください

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ集客について相談したい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
必須
必須
arrow_upward