Vol.44 ブログは他のSNSと違ってアカウント不要で集客できる

コンテンツマーケティングの本には、「自社のブログは自社専用のメディア」と書いてあることが多いです。これはどういう意味でしょう?

自社のブログはオウンドメディア、自由に記事を書ける

自社のブログなら、新聞やテレビ、ポータルサイトなど他社のメディアを利用する必要はありません。また、発行コストを工面するために他社の広告を出してもらっているわけでもありません。

そのため、他社に忖度した記事を書く必要もありません。(公表して差し支えない範囲で)事実を書くことができます。これが自社専用のメディア、「オウンドメディア」ということです。

内容に自主規制の入った記事よりは、思い切り好きなように書いた記事のほうが、読む側にとっても面白くなるものです。

ブログは誰でもアカウント不要で24時間アクセスできる

ブログは週刊誌ではないので、無理に暴露記事などを書く必要はありません。読む人に不快感を与えるような記事を書いては、逆に自社のイメージがダウンしてしまいます。それでは本末転倒です。

ブログは、自社のブランド力を上げるためのメディアです。顧客に好感を持たれるような記事を書きましょう。

顧客に好感を持たれる記事とは?
難しく考える必要はありません。顧客にとって役に立つ記事、顧客にとって面白い記事こそ、一番好感を持たれる記事になります。
これは、そのままGoogleに好感を持たれる記事にもなります。つまり、検索結果で上位に表示される可能性が上がります。

自社のブランド力を上げる

自社メディアだからといって、他社を完全に排除する必要はありません。

たとえば、街の新しい店を紹介したり、納税や法律のノウハウを解説したりするときには、自社で作成した記事だけでは足りないこともあります。

そんなときにはゲストとして、お店を紹介したい人やお店のオーナーや、税理士さん、弁護士さんに出てもらうこともできます。直接記事を書いてもらうことはなくても、インタビューして記事にすることもできます。

読む人に不快感を与えないこと、間違った情報を与えないことだけは注意すれば、自由に記事を作れるのです。これも自社メディアならではのメリットです。
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward