売れたのはどっち? 商品が多い店 VS 厳選の店

テレビ番組で印象的だったのでブログで紹介します。商品が多い店と厳選の店、売れたのはどっち? 

人は比較してモノを選びます。

・商品が多い(多過ぎる)と選択できずに商品が売れない。

・厳選商品を陳列すると良く売れるという結果でした。

あなのホームページの反響が無いのは物件数が多過ぎるからかも知れません。

商品が多いほど捨てる数が増える。捨てると後悔するから購入しない

売り手は商品が多いほど購入してもらえると思っています。しかし、買い手の購入予算は予め決まっているので厳選商品の方が売れるというのです。(不動産会社の場合は、管理物件限定やファミリー向け物件専門店とかに絞るとか)

商品が多くなるほど選択が難しくなります。その場合は消去して減らしていきます。

この減らす過程が消費者の熱を冷まします。消費者は消去する商品が増えるほど後悔の気持ちが大きくなり、結局買わないというのです。

一方で、厳選された少ない商品は消去する数が少なく後悔も少なくなります。

・結果的に商品が多い店ほど売れない

・売れないからどんどん商品を追加する

・今度は在庫が増えて経営が苦しくなります

 

厳選商品の店は商品によって売れ過ぎて品切れが起こり、行列状態を作り出すこともできます。結果的に人気が噂を広げ広告しなくても売れ続け経営が順調になります。


実は、不動産会社のホームページも似た様な現象が起きています。

ポータルサイトが訪問者数が多いのに反響や成約を減らしている原因はこの様な現象が起きているからです。ポータルサイトで見つけた気になる物件を、キーワードで検索し直して不動産会社を探します。

一見、ポータルサイトから落ちこぼれたお客を拾っているように見えますが、そもそも今どきのお客はポータルサイトに掲載している物件をあまり信じていません。重複物件が多過ぎて、信用できないと思っています。


つまり、
・物件を探す時はポータルサイトで、
・内見や契約する会社はホームページで
と決めている傾向が強いからです。

これがポータルサイトのお客は来店率、成約率が低い理由です。

売れるチラシで1ヶ月で売上8%アップ

下記の画像をご覧ください。

左側が従来のチラシです。近隣に大手スーパーが進出して売上が伸び悩んでいました。


広告費をそのままにして売れるチラシを作りました。

右側が商品数を減らして、厳選商品を目立たせたチラシです。結果的に1ヶ月で売上が8%アップしました。

これはホームページの運営にも参考になる内容です。

ではどこが違うのでしょうか?

商品数を減らし厳選商品に絞って売上アップ。ホームページも同じ

チラシに掲載する商品数を大幅に減らしました。季節や地物の厳選商品を目立つように紹介しました。

従来の商品の羅列から脱却し、顧客目線で売れ筋商品と売りたい商を厳選したのです。さらにお店を訪問したお客は目玉商品の「玉子」や「豆腐」以外にも他の商品を買う可能性が高くなります。

結果的に、お店の売上が増えることになります。

「この店のこの人から買いたい」顔見せで親近感アップ

最後に「この店のこの人で決めたい」が目指すゴール設定です。

店員の写真をチラシに載せたことで、親近感がアップして売上が増えた一因です。1%でも売上を増やす小さな努力が大切です。

不動産会社のホームページもこのチラシの手法を参考に集客アップを目指してはいかがでしょうか。
一覧画面へ戻る

【関連記事】

物件数を減らすと反響が増える
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

お悩みはございませんか?

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward