3社に分散させていたポータルサイトを1社に集中、反響が3倍に

先日、お得意様の社長からステキなお話をお聞きしました。ポータルサイトとドリームXを併用する不動産会社です。3社で分散していたポータルサイトを1社に集中して入居者向け専用、ドリームXは大家さんからの受託専用のホームページとして活用して成果を上げている会社様の事例です。

過去3年間の反響結果を分析、3社に分散させていたポータルサイトを1社に集中

この会社様は大手ポータルサイト3社に月に約100万円の広告費を払っていました。各社の利用料はほぼ3等分でした。

 

過去3年間の費用対効果を分析したところ、月によってバラツキはありましたが年間を通して某1社のお問合せが1番多かいと言うことが分かりました。その結果を診て昨年の秋以降、最も効果があった1社に毎月100万円を投入しました。

 

この会社が凄かったのは、広告費を削減することなく1社に集中したことでした。その決断した経緯を社長様にお聞きしました。

 

あまり教えたくないけどと前置きした社長様

「長年ポータルサイトで物件を紹介してきた。ポータルサイトで不動産オーナーから受託することはできませんでした。ドリームXを導入してブログによるマーケティングをはじめたら不動産オーナーから管理物件や募集を予想以上に受託(年間100戸以上)しました。受託した物件に入居させるには分散していたポータルサイトを1社に絞った方が効果があると思ったからです。」と社長様は言います。

 

どんな方法でしょうか?

有料オプションを広告費を投入、ポータルサイト内で差別化して反響を増やす

ポータルサイト内では1つの物件を他社と競争します。その競争から抜け出さない限り来店に繋がる問合せはありません。打ち破るには有料オプションを積極的に利用して他社との差別化することだと考えました。

 

3社に分散していたポータルサイトを1社に集約したことで、1社の予算が増え、今まで使えなかった有料オプションが利用できるようになりました。ポータルサイト内で他社と差別化することで反響が増えました。結果的に反響が以前の3倍になりました。



当然のことですが、反響を増やすことで成約も増えて売上が増えました。

ポータルサイトは入居者向け、ドリームXは不動産オーナー向けと使い分けて成功

社長様はポータルサイトは分散型より、1社集中が効果的と言います。

 

たしかにそうかも知れません。

ポータルサイトに他社と同じように物件を陳列しても間口が広がるだけで物件の差別化にはなりません。反響や成約にするには有料オプションや他社と違った紹介方法をする必要があります。

 

限られた広告費で複数のポータルサイトに分散していたら有料オプションに利用は不可能です。間口を広げるより1社に集中したほうが成果は出やすくなります。

 

今は、

1)ポータルサイトで入居者に物件を紹介して集客

2)ドリームXで不動産オーナーから賃貸管理や募集を受託

と使い方を分けています。

 

とても素晴らしい使い方だと思います。

不動産オーナーからの受注を増やすならドリームXがオススメです

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。小さな不動産会社が地域で1番の有名店になれるホームページ作りを支援しています。ドリームワンは5年間かけて小さな不動産会社がブログなどのコンテンツを活用して地域の有名店になるためのノウハウを蓄積して、SEOに効く新しいスタイルのホームページを開発・提供しています。お得意様の多くは零細店です。その多くが知名度1番店、先頭集団になっています。ドリームワンはホームページで知名度を上げるノウハウを持っています。お気軽にご相談してください。

ポータルサイトの活用方法を教えてください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward