不動産ホームページ、広告費の費用対効果って、いくら?

不動産会社の社長様からご相談がございました。

「ホームページに毎月10万円払っている。

さらにポータルサイトに毎月50万円支払っている。

毎月60万円をネット集客に支払っている。

費用対効果って、いくらですか?」

ホームページ、ポータルサイト、広告費、支払額10倍が売上の目安

あくまでも、私の個人的な考えですが。

 

ネット集客のために支払う費用対効果は、

ホームページ、ポータルサイト、広告費などの

支払額の10倍の売上が目安です。

 

相談があった会社様の月の支払額が月額60万円です。

不動産手数料売上は

60万円  x  10倍= 月額600万円

 年間で 7200万円です。           

そのくらいの売上が目安です。

 

さらに、

ホームページ経由で発生した

リフォームや原状回復費などの工事は

工事売上の粗利を含めれば良いでしょう。

ドリームXで月額3万円だから毎月30万円の手数料収入が最低目標

ドリームXの場合は、

月額利用料が約3万円です。

年間40万円(税込)です。

 

毎月の売上(手数料収入+工事粗利)は30万円が最低目標になります。

年間売上が400万円です。

1人社長の不動産会社でもこれだけではやっていけませんよね。

 

だから、プラスαが当然必要です。

アクセス数を増やして効果のスピードを高める必要があります。

仲介だけに頼らず、

不動産オーナーからの受託を増やし『元付』になります。

 

そのために、ブログなどのコンテンツを発信して

あなたの経験、知識、専門性(強み)を伝えます。

不動産オーナーに、あなたを見つけてもらいます。

 

伝えなければ伝わりません。

伝えれば必ず伝わります。

何度も何回も伝えてください。

 

多くの導入会社様は、

このような方法で費用対効果以上の売上を上げています。

ポータルサイトに月50万円支払うなら、月に500万円の売上を

ポータルサイトなどの広告の場合も、費用対効果は同様です。

月に10万円払うなら、月100万円の売上。

年間1200万円です。

 

月に50万円払うなら、500万円の売上が目標になります。

年間6000万円です。

せっかく、高額の広告費を払うならこのくらいやりましょう。

 

この売上に見合う売上があるかかどうか。

これが今後の基準になります。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について気軽に相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward