ホームページの知名度はアクセス数で決まる

2018年夏以降、Googleは検索の仕組みを大きく変えました。どんなに広告費をかけてSEO対策してもアクセス数を増やすことがむずかしくなりました。ドリームX導入会社も全体的に15〜20%程度、それ以前よりアクセス数を減らしました。でもブログ記事が多い会社様には大きな問題はありませんでした。

不動産会社の95%が月間1000PV以下という現実

不動産会社訪問や個別相談のアンケートによると、不動産会社の約95%は月間1000PV(ページビュー)以下です。驚きですね。でもこれが実態です。

そのうちの約70%が月間500〜600PVです。その中には駅前にある有名FC加盟店なども含まれています。ほとんどの不動産会社はホームページで集客ができていないのが現実です。

どうですか? 自信が湧いてきませんか?  だから誰にも地域1番の有名店になるチャンスはあります。

月間3000PV以下では、ホームページ集客はむずかしい

1日に30人がホームページに訪問して1人平均3クリックして約100PVです。月間3000PVになります。最低でもこのくらいの数字は欲しいですね。

月間3000PVくらいになると、Googleも「このホームページはけっこう訪問者、PVがある。ユーザーに役立つコンテンツがあるから上位に表示してあげよう」となります。そうなると良い風が吹いてきます。さらにホームページ訪問者が増えます。

 

地域名を含むいろんなキーワードで検索されるようになり、地元にある面白いブログや地元の不動産に役立つコンテンツが読まれまる。記事数が多くなるとホームページ訪問者はファンになります。やがてファンが顧客になって問合せや反響が入るようになります。

今なら誰にも地域1番の有名店になるチャンスがある

月間3000PVを超えて、5000PVくらいになったら不動産オーナーから預かって(受託して)いる物件(仲介・業物でない一般や専任、管理で受託物件)をホームページに載せてください。

仲介物件は掲載しないことが問合せを増やすコツです。「何でもある=何にもない」ことと同じです。受託物件だけを掲載するようにしてください。

もう一度言います。5000PVに到達するまで物件情報は登録しなくても大丈夫です。だって誰もあなたのホームページの存在を知らないから、そんな心配はいらないのです。

 

とにかく、小さな狭い地域で1番の有名店になりましょう。それにはまずは月間3000PV超えを目指しましょう。

ホームページの目的は「知名度を上げること」です。いろんなキーワードで検索されてインターネットで誰もが知る地元の有名店になれば、お客は勝手にあなたのホームページを訪れます。一度その形ができると、お金をかけなくても(広告しなくても)集客し続けることができます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページについて相談したい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward