アマゾンで買物する社長が「インターネットは嫌い」と言う理由

「インターネットなんて嫌い」

というブログ読者の社長様からのご相談です。

社長様はレインズで物件を毎日チェックしています。

アマゾンで事務用品を購入していました。

昔は何もしなくてもお客がやってきた

昔は

店頭のガラスに募集図面を貼っていれば、

客はやってきて、食うに困ることはなかった。


「最近では2、3ヶ月売上ゼロの時もある。

今の客はネットで調べてからやって来る。

ウチにもホームページはあるけど

面倒だから放ったらかしている」

 と社長は話してくれました。

社長の気持ちは分からない訳ではありませんが、

時代は変わったことを受け入れるしかありません。

紹介して案内さえすれば決まっていた時代を懐かしむ

来店して案内すれば決まっていた時代がありました。

 

物件情報が

今のようにたくさんの不動産業者に共有、

拡散されることがない時代でした。

 

希望する条件に合う物件がなければ

「ウチにはないよ。

よそへ行っても同じだよ」

って言って案内すれば決まった。

いい時代だったと言います。

 

インターネットで

情報が気軽に見られる今では

信じられないかも知れません。
 

そして社長は、

「最近の客は

ファックスは持っていないから、

メールで送れって言う。

それが面倒だ」

昔は良かったと話を続けます。 

 

たしかに、

その頃は社長様にとって

イイ時代だったかも知れません。

インターネットは不動産会社を不幸にしているか?

社長様に質問しました。

レインズは利用していますか? 

アマゾンで本を買いますか?

 

「レインズは毎日見ている。

アマゾンはいいね。

本を買わないないけど

コピー用紙やプリンターのインク注文する。

次の日には届いて便利だね」

と社長様はアマゾンで事務用品や本を買っていました。

 

レインズもアマゾンも

社長を不幸にしていません。

 

私たちは変化の時代を

受け容れて生き残ることですね。 

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

社長ブログについてお気軽にご相談ください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward