台風の翌日「電気も水もない。何とかしてくれ」管理会社にクレーム

来店→接客→案内→申込→契約した入居者。

 

来店時から契約まで

とても穏やかだった入居者でした。ある時までは。

 

ところがある日突然、

別人かと疑うほど激昂するクレーマーに変身しました。

 

誰もその人を見抜けませんでした。

周辺が停電しているのにクレームを言う入居者

先日の台風の翌日に、

お得意様の不動会社で起きた出来事です。

テレビやネットで

「多くの住居や工場、店舗が停電していて復旧まで数日を要します」

という報道をしている最中のことです。

 

その状況を、

弊社のお得意様もフェイスブックで

「まだ電気が復旧しない」と投稿していました。

 

そんな時にその事件は起こりました。

入居者から、

「電気も水もなくて困っている。早く何とかしてくれ」

と最初は軽いジャブのようなメールが

管理会社のお得意様に届きました。

 

管理会社の社長は

それが電話だったら返答しました。

でもメールだったので

「こんな時にこんなことを言う人がいるんだ。変わった人だ」

程度に思って無視しました。

何回もメールしたのに、返信がないと狂ったように怒る入居者

無視していたら、

その後も何度かメールがありました。

 

メールの内容は

「何度もメールしている。管理費を払っているのにひどい会社だ」

と返信しないことに怒りだしました。

 

その後、徐々にエスカレートして

やがて狂ったように、

嵐のようにメールを送りつけてきました。

管理会社の社長は冷静でした。

「問題が大きくなれば、メールは証拠になる」

とメールを受診するたびに

苛立ちを隠して辛抱しました。

そして無視し続けました。

 

「災害なのでそうするしかない」

と社員にも興奮せず、静観するように指示しました。

 

数日して停電は解除されました。

貯水槽も動き出し水も出るようになりました。

その入居者からは、

何の連絡もなく停電の問題は解決しました。

解決方法は・・放っておくこと。怒ったら負け、怒りは罪

この冷静な社長の対応は正解です。

 

たとえ入居者であっても、

このようなに人に

何を言っても問題は解決しません。

 

それは冷静な人なら誰も分かっています。

『一言二言は言っておかないと気が済まない』

と誰も瞬間的にそう思います。

 

ここが問題を大きくするか、

時間が解決して沈静化するかの分かれ道です。

 

けれど、このような人に、

一言二言を言うことは

『火に油を注ぐようなもの』です。

 

こうなったら腹を据えて、

放っておくしかありません。

 

その後もくすぶっていれば、

いずれ退去してもらうのを待つしかありません。

 

解決方法は?・・・ 誰にも分かりません。

 

でもはっきりしていることは、怒ったら負けです。

 

ときに怒りは罪になり、後悔しか残しません。

言わせておくしかありません。

 

泣き寝入りではありません。

根比べです。

 

家賃の滞納や

騒音で隣り近所に明らかに迷惑をかけている

と言うような正当な理由がなければ

退去させることは難しいです。

(正当な理由があっても難しいのが現実)

 

だから、このような場合は

放っておいて

じっと時が経つのを待つしかありません。

時が全てを解決します。

 

どうしてもと言うのであれば、

最初から定期借家契約にすることをオススメします。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

社長ブログについてお気軽にご相談ください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward