1つの空室を100社が競う。成約できる1社のやり方とは

下記の写真をご覧ください。同じ室内の写真です。

「物件の紹介方法はどこも同じ」    こんなこと言われたくないですね。

たった1部屋の空室を100社以上が同じような方法で紹介しています。成約するのは1組だけです。

99%以上の不動産会社は徒労に終わります。そうならないために、今日から効果的な紹介方法を変えて見ませんか?

天気が良いから行って突っ立って撮った写真
天気が良いから行って突っ立って撮った写真
天気が良いから行って突っ立って撮った写真
あらかじめ時間を決めて膝を突いて撮った写真
あらかじめ時間を決めて膝を突いて撮った写真
あらかじめ時間を決めて膝を突いて撮った写真

タイトルと写真→物件詳細→内見希望のストーリー

不動産会社のホームページを見て集客するには「見せ方とストーリー」が大切です。ただ目の前にある物件紹介システムの順番に入力していくだけではダメなんです。

例えば、

■見せ方である写真。

・もっと低く構えたほうが、部屋が全体がゆったり見渡せるのに

・もうちょっと、明るく編集すると雰囲気が良くなるのに

とか。

 

■設備の紹介。

・新しいエアコンが設置されたのに「エアコン」にチェックがあるだけ。

・シャワートイレが新品なのに「シャワートイレ」にチェックがあるだけ。

これでは見る人に情熱は伝わりません。

「新品のエアコンを設置しました。三菱電機製 霧ヶ峰 MSZ-GV285-W」と記載します。(できればメーカーやレビューのリンクを貼ります)

アトピーやアレルギーキャリアの人や、エアコンを気にするお客様はアマゾンで商品を検索して「おお、10万円(工事代別)の新品のエアコンに感動してお問い合わせする確率が高くなります。

もちろん、そのような紹介方法に大家さんも喜びます。

その紹介を見た他の大家さんも「ウチの空室を紹介して欲しい」と募集依頼が舞い込みます。

自社のホームページやブログで熱い想い、深い愛を写真と紹介文で説明してください。

今、新たな受託を獲得する小さな不動産会社が増えています。

 

反響が増える不動産写真の撮り方はこちら

他社の紹介方法をリサーチ、他社と違う紹介方法で差別化して注目される

「物件がたくさんないと他社に勝てない」と思っている不動産会社が未だに多いです。これはポータルサイト的な発想です。

ポータルサイト運営会社に不動産会社がたくさんの物件を掲載してくれたら広告費が入り商売が繁盛します。自社ホームページはポータルサイトと競うことも、比べることも、戦うこともありません。

あなの会社を訪問して、信頼できるあなたに不動産のことを相談したいと思われるような「不動産のプロが紹介するホームページ」です。

小さな不動産会社のホームページは大手や近隣の会社と戦うことではありません。大家さんや売主さんから「あなたに任せたい」と信頼される不動産会社になることです。

 

入居者や購入者から「あなたの店のあなたで決めたい」と思ってもらえるようなホームページを目指すことです。仲介の場合でも、不動産会社が取り扱わない競争が少ない物件を見つけてきて、あなたのホームページやブログで素敵にコーディネートする。


例えば、駅から遠い古い物件です。どこの誰もやっていないやり方で魅了してください。それこそが地域一番店です。

 

それには、近隣他社のホームページを徹底的にリサーチすることです。あなたが掲載しようとする物件を、その会社ではどのように掲載しているか、どんな情報が足りていないかをリサーチします。

そして、その足りていない情報を徹底的に見せつけるのです。

他社と違う紹介方法で地域1番店のチャンスが訪れる

例えば共用部分ですが。

物件巡回で大家さんが花壇に季節の花を植えたら、大家さんと花壇の写真を掲載してください。建物の貯水槽の清掃を行ったら、その清掃のビフォーアフターの写真と検査修了証の写真を掲載してください。(消防設備点検も同様です)

脚立に乗って廊下の蛍光灯を換えている写真を掲載してください。

その物件紹介の写真を見た入居者、大家さんは他社のホームページの紹介と違う感情を持つはずです。それが狙いです。あなたの会社の強み、魅力です。

何より、良質な情報、コンテンツとして、Googleは他社の紹介以上にあなたのお店のホームページやブログを評価します。あなたの熱い情熱をホームページやブログでぜひ表現してください。

面倒なことをコツコツやることで他社の追随を許さない

経営に勝ち負けを付けたくないですが、圧倒的に大家さんや売主さんに愛される地元の小さい会社があります。目立つことも下手な社長と奥さんが面倒なことをコツコツやっていることを大家さんや売主さんはいつも見ています。

こんな面倒なこと近隣の不動産会社は絶対に真似できないというモノを一つあるだけで生き残れます。これこそ他社の追随を許さない経営です。

今回のまとめ

1)他社と同じ紹介方法では成約できない

2)他社の紹介方法を研究して違いを見せる

3)他社がやっていない面倒な紹介方法をする

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
store

会社概要

不動産ホームページ集客ブログ
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

気軽に相談する

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
arrow_upward