それでも物件紹介にこだわりますか?

不動産会社はホームページで物件だけ紹介していれば問合せや反響があると信じています。でも時代は大きく変わり物件を紹介しても何も起きません。それでも物件紹介にこだわりますか?

ご存知ですか?お客は物件より不動産屋を探していることを

不動産屋だから売りモノは物件と思っている。社長様、それでは生き残れません。

 

理由ですか?

お客や不動産オーナーは物件を探す前に「不動産屋探し」をしているからです。

 

でも不動産会社は物件を紹介しないと不安になります。と言うより、会社紹介より物件紹介の方が簡単で楽です。

 

物件紹介は図面を見て、物件名、住所、価格(家賃)、設備、写真を入力するだけです。成果はどうであれ慣れているルーティーンなので物件紹介がイイのです。

物件紹介は無駄と分かっても、紹介しないと不安になる

この数年、物件を紹介しても一向に問い合せや反響はありません。不動産会社は寄ってたかって1つの物件をホームページやポータルサイトで紹介します。物件名、住所、間取り、家賃が同じだから違いが分かりません。

たまにイイ物件を見つけたと思って問い合せをすると、「募集は終わりました」と言われてしまう始末。なんで終わった物件を紹介するのか不審に思います。2度と問合せはしないでしょう。

 

上記の場合はイイ方です。ヒドイ不動産屋なら、予約して訪問したら「昨日まであったけど。さっき決まっちゃいました」なんて平気で言う不動産屋もあります。特に繁忙期になると。

 

だから安心して信頼できる不動産屋探しが、物件探しより大切なんです。

物件紹介は月間5000PVを超えてからでも大丈夫

不動産会社は、物件を紹介するより会社の経営方針やスタッフの人柄をブログで紹介する方が集客できます。

さらに担当者の今までの経験、社長やスタッフの不動産知識、自社の強みや専門性をストーリーにしてブログで伝えてください。

 

物件紹介ですか?

月間5000PVを超えてからでも大丈夫です。間に合います。

ホームページは知名度が高くなければ、見つけてもらえません。見つけてもらえなければ問合せや反響にならないからです。

 

・ホームページの目的は「知名度を上げること」です。

・知名度を上げるには「ページビューを増やす」ことです。

・ページビューを増やすにはブログが最適です。

 

そして

知名度が上がればお客は勝手にやってきます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページについて相談したい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward