お客を訪問するのが営業、お客がやって来るのがマーケティング

売り込むほどお客が逃げていく時代になったと実感しませんか?

GoogleやYahooで「広告」「PR」と表示されていたらスルーしていませんか?

 

私たちには、インターネットの普及が、いつの間にか、

人に売り込まれることを嫌うDNAが擦り込まれてしまいました。

インターネットが不動産会社の経営を変えた

ホームページで物件を紹介してもお客はやって来ません。

なぜでしょうか?

 

なのにブログでお客の悩みや問題解決を発信すると、

お客の方から勝手に相談や依頼にやって来ます。

まったくもって不思議な時代です。

 

この現象は

インターネットが普及したからこそ起きたことです。

インターネットは世の中の仕組みをガラリと変えてしまいました。

 

不動産業においては、

今後はもっと変化を続けます。

これに乗り遅れると生き残るのは難しいです。

 

ではどう変わっていくのでしょうか?

営業が不要になる時代がやって来る

あなたは、会ったことがありますか?

ネットショッピングのアマゾンの営業マンに、

楽天の営業マンに。

 

■ 2017年のリクルート住まいカンパニー調査結果です。

・不動産店舗訪問数が1.6店、

・内見件数が2.9件でした。

今年はもっと数値が下がっているでしょう。

 

こんな状況で、

不動産会社の営業マンはどんな営業をしたら良いでしょうか? 

 

予測します、

そもそも営業してもお客がいない時代になりました。

間も無く不動産会社に営業が不要になる時代がやって来ます。

■ 下記画像はクリックすると拡大します。

営業をやめてマーケティングをやる。お客が勝手にやって来る

では、これからの営業マンは

何をやれば良いのでしょうか?

 

ズバリ、不動産会社の営業マンは営業をやめて

『マーケッター』に変身です。

 

営業マンは、今までの営業のテクニックを活かして

ネット上で活躍することがで来ます。

 

今までの営業マンとしての

・経験、

・知識、

・専門性を

ブログに書いてお客の悩みや問題解決をします。

やがて、お客の方から勝手に相談や委託にやって来ます。

本当です。

現に今元気な不動産会社は実践・実感しています。

 

これから、

インターネット活用法がブログを活用したマーケティングです。

 

営業を知る営業マンが、

マーケッターになれば会社で最も尊敬される仕事をすることができます。

 

 

あなたは「そんなバカな」と思うかもしれませんが、

これから会社で生き残るためにはマーケティングが1番です。

 

 

御社はこれからどうしますか?

営業で売り込みますか?、

 

マーケティングでお客の悩み問題を解決して

集客しますか?

この手法は

ドリームワンが2014年の8月から採用しました。

それまでやっていた営業やデモ訪問を一切やめて実践・実験しました。

 

結果は

・ドリームXの初期費用をゼロ円にした。(以前は初期費用30万円)

・毎月継続料金で利用しやすくした。(以前は年間一括更新で更新時に解約が多かった)

・期間縛りを無くし、いつでも解約できるようにした。(ドリームXをはじめる不安を安心に変えた)

・訪問デモ・出張サポートをリモートサポートに変えた。(お得意様都合のサポートで満足度を高めた)

・交通費・出張経費がなくなった。(ドリームワンの経営が安定した)

ドリームワンは

ブログで不動産会社のホームページ運営の悩み問題を解決しています。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページについて相談をしたい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward