アマゾン(Amazon)は不動産ブログネタの宝庫

「ブログのネタ切れ」でブログが続かない。そんな不動産会社のブログ担当者はぜひ活用して見てください。これでさらばブログネタ切れ! これでブログネタがないなんて言わせません。

永遠に使える不動産ブログのネタの見つけ方

とうとう勉強会で言ってしまいました。ブログネタの見つけ方。直接相談された方だけしか言わなかったのですが・・・ 公開します。

 

それはアマゾンの書籍です。

 

えっ!?と思われるかもしれませんが。最近は電子書籍も充実しています。ネタが満載です。この方法を活用すれば、もうあなたは永遠にブログのネタ切れに悩むことはありません。

考え抜かれた不動産向けブログネタがアマゾンに満載

私もかつて本を出版したことがあります。ちょっと有名になりたいとか、ドリームXの拡販になるのではないかと調子に乗っていました。結果的に大して売れませんでした。そんなことはどうでもイイんですが・・・

 

その時に経験したことは、出版社は本が売れるために知恵を絞って、あらゆるアドバイスしてくれました。本のタイトルやサブタイトル、カラー(色)など。本を売るために、本のプロは熱心でした。

 

1冊の本には「目次」や「索引」があり「タイトル」や「見出し」「内容」が揃っています。その目次だけ流し読みしてもブログのネタがたくさんあります。実際に本を買わなくても、アマゾンの「商品の説明」や「レビュー」を見るだけで本の内容がだいたいわかります。いろんな本を参考にすればブログのネタに困ることはありません。

 

例えば、アマゾンの「本」のカテゴリで「入居率」というキーワードを入れます。そうすれば関連する書籍がズラーッと表示されます。その本の1冊をクリックすると「商品の説明」を読むだけで、目次や大筋が分かります。それを参考にすればブログはいくらでも書けるはずです。 

アマゾンはブログネタの宝庫、「ほしい物リスト」はブログネタの引き出し

アマゾンはブログネタの宝庫です。検索窓に不動産のことや興味あることを入れて見つけてください。文章や内容をコピペすることは禁止ですが、目次の内容や本の紹介がヒントになりブログのタイトルや見出しはすぐに作れるはずです。

 

時には一つのブログ記事だけでなく、複数のブログ記事のネタが見つかることがあります。そんな時は「ほしい物リストに追加する」に登録しておきます。こうしておけば安心です。これはまさに「ブログネタの引き出し」です。

 

書籍のタイトルや内容を上手く活用すると「SEOに効く不動産ブログ」がどんどん書けます。記事の精度や内容が充実します。

 

ブログネタに困っている不動産会社の社長様、スタッフの皆さんご活用あれ! 

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward