【悩み相談】ホームページのアクセス数、PVを増やせない事情

他社の不動産ソフトを利用する不動産会社の社長様からご相談がございました。ホームページのアクセス数やPV(ページビュー)を増やすと追加料金が課金されるので困っているというご相談でした。このような相談はこの数ヶ月で3件目になります。

ホームページのアクセス数を増やすと課金される。解決策は?

その会社は社長様1人で賃貸仲介をやっている小さな不動産会社でした。開業して2年、ホームページの反響がほとんどなく困り果てていました。

その時に私のブログを読んでホームページ内でブログをはじめました。(とても嬉しいです)

約1年経った頃、「ブログを読んだ」という近所に空室を抱える不動産オーナーから空室の募集を受託しました。受託した物件は管理会社に管理を委託していたので、依頼されたのは募集だけでした。それでも今まで不動産オーナーから直接受託したことがなかったので嬉しかったそうです。

10部屋中、4部屋が6ヶ月以上空いている物件でした。不動産オーナー、管理会社には書面で募集の許可をもらい、社長は『ブログで』空室を募集しました。

瞬く間に、3部屋を1人社長の会社が埋めました。社長はブログは物件紹介にも効果あると確信してブログをどんどん発信しました。

 

話が長くなりましたが、ここから本題です。

そして不動産オーナーから少しずつ受託するようになったある時に”事件”は起こりました。不動産ソフト会社の請求書の金額が今までより大幅に増えていたのです。

「ホームページのページビューが5000PVを越えると課金される。それもかなりの高額の課金でした。ページビューが増えてやっと反響が増えてきたのに、これじゃあホームページのアクセス数を増やせない。そうなったら反響が取れない」というご相談内容でした。

アクセスを増やせば反響は増える。理にかなっているかも

社長様にとっては「頭が痛い」契約内容です。

本来、ホームページはアクセスを増やせば反響が増えるという考えで成り立っている訳ですから「5000PVまでは基本料金、制限を超えたら課金される」という不動産ソフト会社の考えは理解できない訳ではありません。

弊社のサーバーはアクセス数に制限をありませんが、アマゾンなどが提供するサーバーはアクセス数で課金しています。

すでに契約しているので仕方ありません。

では具体的な解決方法は?

今のホームページはそのまま、新たにコンテンツ専門サイト

現在のホームページは不動産ソフト会社との契約に期間縛りがあって解約もできない状況でした。本来、ホームページはアクセス数を増やすことがホームページを成長させることです。だから、利用料金が増えるということはホームページが成長しているいうことです。

 

その上で

A:使い続けてページビューを増やして追加課金を払う

B:放置してページビューを増やさずに最低限の利用料を払い続ける

を決断するしかありません。

 

すでにコンテンツで集客できる方法を実践している社長様です。

 

それでも料金や利用方法で納得できないとなれば、次のようにご提案しました。

・現在のホームページはそのままにしておく(これ以上追加料金を発生させない)

・現在のホームページでポータルサイト連動サービスを利用しない

・削減した広告費の範囲内で新たにコンテンツ専門サイトを構築する

・コンテンツサイトと既存のホームページは相互リンクさせない

・そのコンテンツサイトで新しい集客を目指します。

 

物件紹介もブログで十分に集客できる時代になりました。むしろブログの方が集客できる時代です。

思いっきりやってみなはれ!です。

 

ホームページの物件紹介で効果がないなら、ブログ集客をオススメします

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページについて相談をしたい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward