グーグルはドメイン年齢が長いホームページをSEOで評価している

グーグルは長く利用しているドメイン、つまり年齢が長い(歴史がある)ドメインの方が新しく取得したドメインより評価しています。弊社のお得意様3社でその内容を検証しました。 

年齢10年以上のドメインからブログを書いたら、いきなり日600ページビュー

A社は

6ヶ月前に新しいドメインでドリームXを利用して現在に至っています。

半年後の現在、1日のPV(ページビュー)は300〜350になりました。

つまり月間1万PVのホームページです。

 

1週間前にA社は

新たに、ドリームXを利用してもう一つのホームページをスタートしました。新しくスタートしたホームページのドメイン(URL)は、A社が他のシステムで運用していた年齢10年以上のドメインでドリームXを稼働しました。

驚いたことに、新しくスタートしたホームページはスタート直後の2日目に、早くも1日600PV超えました。年齢ゼロ歳の新規で取得したドメインのホームページが日300ページビューになるのに6ヶ月もかかったのに・・・

10年以上のキャリアがあるドメインは、わずか2日で新規ドメインの2倍以上のページビューになったのです。年齢が長いドメインはスタート直後から月間2万PVの勢いです。一気に地域で一番のページビューがある有名店になりました。

これは、グーグルがドメイン年齢を評価している証拠です。

2つのドメインで2つのホームページ。間口が広がって相乗効果

しかし、ドメイン年齢が長いホームページでも、物件情報だけのホームページをグーグルは評価はしていません。

 

グーグルは

ドメインの年齢

ブログなどのコンテンツの量と質

を評価します。

 

私はプロのライターではないので、記事はまだ未熟です。それでも、ブログで記事を書けば書くほどページビューが増えます。どんな記事でも、いつのまにか蓄積されて財産になることを実感しています。

 

お得意様の近頃の傾向として

・2つ以上のドメインで、

・2つのホームページを運営、

・両方とも物件よりコンテンツを充実させ、

・2つのホームページを相互にリンクして、

・ページビューを増やし反響と集客を増やす会社様が多くなってきました。

数年前には考えられなかったことです。

 

これもグーグルの仕組みが変わったからです。

お問合せが欲しいとブログ集客を目指したB社の場合

B社は長い間(5年以上)物件を中心に紹介するホームページを運営していました。

しかし、この数年は物件へのお問合せがほとんどなくなり悩んでいました。年々、広告費の高騰や近隣にライバル他社の進出に悩んでいました。

 

そして、1年間の時間をかける覚悟でブログを活用したコンテンツで集客する方法を取り入れることにしました。従来のホームページ(他社システム)も活用しながら、新しいドメインを取得してコンテンツ専用のホームページをドリームXでスタートしました。

つまり、別々のドメインでホームページを運営しました。ここまでは正解でした。

 

しかし、一つ大きな間違いがありました。

ブログ中心の新しいホームページを新規取得のドメインではじめたことです。ブログは効果が出るまでに時間が掛かります。長い間、利用していたドメインは効果が無かったので、思い切って新しいホームページに従来のドメインを利用する方が効果が早く出たかも知れないのです。

 

ドメインは長く使っていると愛着が湧きます。しかし、早く効果を得たいと願うなら

ブログはドメイン年齢の長い方で

物件情報は新しいドメインで活用することです。

ブログで集客して物件中心のホームページへお客を誘導すればもっと早く効果が出ました。

ブログと物件ホームページのドメインを入れ替えたらどうなった?

今、物件情報のホームページはどんなに頑張っても、グーグルはほとんど評価してくれません。そこで歴史あるドメインでブログを発信すれば、今まで上位表示されなかったホームページが上位で表示される可能性があります。

 

B社長は思い切って

・年齢の長いドメインでブログを

・新しいドメインは物件のホームページへと

ドメインを入れ替えました。

ブログで集客して、物件ページへお客を誘導したら問合せが急増

ドメイン年齢の長い、歴史あるドメインは効果抜群です。ホームページ内のブログがいろんなキーワードで上位表示されるようになりました。そのブログに、売買物件がたくさん掲載するホームページのリンクを貼りました。

 

面白いように売買物件に反響が入るようになりました。こうしてドメイン年齢の長いホームページは新しいホームページの引き立て役にな李ました。

 

B社長は「あのまま、新しいドメインでブログを書いていたら、あと1、2年はあのままだったかも知れません。思い切ってドメインを入れ替えた良かった。簡単にドメインの入れ替えができることを知らなかった。

新規開業したお店紹介でページビューが軌道に乗ったC社

C社の場合

近所に開店したレストランや飲食店をブログで紹介しました。そのお店は食べログやホットペッパーなどに上位表示されていました。

 C社のお店紹介ブログが、食べログやホットペーッパーの直下に表示されるようになりました。そのお店紹介ブログだけで数日間連日数百というページビューを稼着ました。

 

そんなレストラン情報にどんな意味があるとお思いでしょうが?実はとても効果があるのです。そのブログのドメイン自体が自社ドメインなら、グーグルは『役立つ情報を紹介するホームページ』と評価するからです。

 

これから、あなたが紹介するブログ記事は、グーグルから常に注目されることになります。こういう積み重ねが自社ホームページを育てるのです。大切なことは目先の反響や集客ではありません。

 

ホームページの目的はあなたの会社の知名度を上げることです。

顧客がその地域の不動産のことを考えた時に「真っ先にあなたの会社を思い出す」とことです。

あなたの会社を直接検索する。つまり「地域 会社名」、「会社名 あなたの名前」になるはずです。「駅名 賃貸」「知名 不動産」ではありません。

 

地域で知名度が高くなれば、SEO対策やポータルサイトを利用しなくて集客できます。お客様があなたやあなたの会社を見つけてくれれるからです。

この店のこの人で決めたい」と迷いがなくなります。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward