長年在職したスタッフが退職。1年後V字回復した会社

スタッフが退職することは珍しいことでも、好ましいことでもありません。長年在職したスタッフが退職して業績が回復した会社の事例もたくさんあります。人生捨てたもんじゃありませんよ!

ホームページを変えようと、何度もスタッフを説得した日々

社長は将来に不安を感じていました。これからはインターネットやホームページ集客に乗り遅れたら生き残っていけないことを十分承知していました。

将来のために従来のホームページを大幅に改良する必要性を強く感じていました。そのために社内ではスタッフに何度も相談しました。

スタッフから返ってくる言葉は「新しいことはしたくない。今のままでいい」でした。それでも何度も説得しました。時代の変化を体感してもらうためにスタッフにはマーケティングのセミナーにも参加してもらいました。


それでも・・・ダメでした。集団で退職してしまったのです。

人は辞めるもの。クヨクヨせずに立ち直る行動を

小さな不動産会社はギリギリのスタッフの人数でやっています。それでも人は辞めていくものです。

辞めたショックをいつまでもクヨクヨしていても仕方ありません。スタッフが退職したことを引きずるよりも1日も早く立ち直る行動をすることでした。言い換えれば、スタッフが辞めたことで新しい体制を作り、社長のプランがスタートできるようになったのです。


その会社様も、スタッフ退職後の1年は引継ぎ業務が大変でした。社長や残った社員は頑張りました。それでもスタッフは辞めてもお客が離れることはありませんでした。お客はスタッフに着いていたと思っていたけど会社に着いていたのです。当たり前のことですが。

今では当時より経営が安定しました。何より人件費が大幅に減って儲かる仕組みができました。V字回復して安定経営ができるようなりました。

そうです。諦めなければ時が解決してくれます。

挑戦する社長とチャレンジを嫌がるスタッフ

社長は、将来を生き抜くために「エンド客」だけでなく、ブログコンテンツを量産して「不動産オーナーからの受託」を目指したかったのです。当時は管理戸数が少なく管理手数料だけでは人件費を含む経費、高額に膨らんだポータルサイトへの広告費をまかなうことはできませんでした。


将来を考えると広告費をゼロにしても当時の2倍以上の管理戸数が必要だとシミュレーションしました。そのために管理戸数をできる限り早く増やすために、不動産オーナーから受託できる新しいホームページに挑戦したかったのです。

そのことを何度もスタッフに説得しました。それでも「私たちはいまのままでイイ。そんなに挑戦したければ社長一人でやればイイ」と誰が社長か分からないことを言い出す始末でした。すでに会社の体(てい)は成しませんでした。

数日後スタッフ同士が事前に申し合わせたよう(恐らく)に退職しました。

最終決断は社長。優秀なスタッフでも経営の責任は負わない

それから社長は残った一人の営業担当の社員と共に会社の立て直しを図りました。新しいホームページに替えて広告費をゼロにして、人件費が大幅に削減できて直ぐに黒字化できたのです。

黒字は会社と社長を元気にしました。スタッフ退職後1年後以降新しいホームページ効果で不動産オーナーから相談や受託するようになりました。少しずつ管理戸数が増え更に経営が安定するようになりました。

今では新しいパートさんも数名加わりました。受託した賃貸管理戸数は当初目標の2倍を超えて会社は安定しています。

「長年勤めてくれたスタッフが突然退職した時はどうなるかと思いました。でも今も当時のままだったらと考えるとむしろゾッとします。どんなに優秀だと思っていたスタッフでも経営の責任は社長しか負えない。だから最終決断は社長がする」と社長は笑顔で語ってくださいました。

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward