ブログは多くの人に読まれなくても、一人に共感されるだけでイイ

「たくさんの人にブログを読んでもらうにはどうしたら良いですか?」とご質問をいただきます。ホームページは訪問者とページビューが重要ですが、ブログはたくさんの人に読んでもらうより、たった一人に突き刺さる記事を書くだけでイイのです。その訳とは?

一人のために発信するブログは、目の前で接客するような記事になる

多くの人に読まれるような記事を書こうとすると、どうしても無難で教科書のような記事になってしまいます。それでは読む人も「こんな教科書のような回答なんて期待していない」「この人(会社)に相談しなくても、今の不動産会社でイイ」になってしまいます。

そんなブログをいくつ書いても、いつになってもお客にはなってくれません。あなたにとって今書くべき記事は無難さを突き破る「なるほどそういうやり方は面白い」「ぜひ会って詳しく話を聞いてみたい」と思ってもらえる記事です。

だから、たった一人の不動産オーナーのために発信するブログです。目の前に困っている不動産オーナーに普段は決して話さない「ここだけの話ですが」とお客と話をするような記事をたくさん書いてください。

その一人と同じ悩みを抱える人が、周囲にたくさんいる

一人の不動産オーナーが抱えている悩みや困ったこと、その解決するための記事にしたブログは一人の不動産オーナーだけではなく、周辺にいる他の不動産オーナーにも読まれます。理由は同じような悩みや問題を抱えた不動産オーナーが周囲にたくさんいるからです。

不動産オーナーの悩みや問題の種類はそれほど多くありません。似たようなモノばかりです。でもそんな悩みや問題解決を書いたブログはあなたの周辺にはほとんどないからです。

一人の不動産オーナーに向けたブログが、多くの人に突き刺さる

このように、たった一人の不動産オーナーに向けたブログが多くの不動産オーナーに突き刺さり共感を得ることができます。最初は平易な記事でも構いませんが、やがて専門的で深掘りした記事を書くとあなたに相談の連絡がやってきます。

たくさんの人に好かれるための記事を発信するのではなく、たった一人の悩みや問題解決にフォーカスした記事を書くことに注力してください。

その時の記事は「・・・と思います」とか「・・・かもしれません」という書き方ではなく「・・・です」とか「・・・になりました」というように断言調で書いてください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward