どうして他社のやり方を真似しても上手く行かないのか?

不動産会社は、協会の集まりやベンチマークと称して同業他社を視察するのが好きです。コミュニケーションとしてはイイかもしれませんが、会社訪問をして他社を真似して上手くいったと言う話はあまり聞きません。なぜでしょうか?

他社のやり方(ベンチマーク)を真似しても上手くいかない。なぜ?

成功(失敗)している会社を訪問して、そのやり方を学び(参考)自社で取り入れると言うベンチマークが流行っています。でも良く聞くことがあります。それは「他社のやり方を真似しても上手くいかない」と言う声です。

その理由を聞くと納得します。それは

・他社の成功しているやり方の真髄を理解できていない

・他社のようなスタッフを育てることから始めなければならない

・時間とコストがかかる

つまり、他社が数年かけて成功した手法の上っ面だけを真似しても上手くいかないと言うのです。当然と言えば当然ですが、他社が苦労して作り上げたノウハウは一夜漬けで真似はできないと言うことです。

近隣他社がやらないモノ見つけて、それを徹底して自社の強みにする

実際に活用できるかどうか分からないベンチマークより、効果的な方法があります。それは

・近隣他社がやっていることを分析

・その中で同業者がやっていないことを炙り出す

・それを見つけて1年以上やる

そうすれば成功する可能性はグーンと高まります。

ただし、それを取り入れるために新たな投資や人材確保、大掛かりなツールの導入は避けるべきです。小さく始めて、長く続ける(最低でも1年以上)。これが成功の秘訣です。

そのやり方を、1年以上続けることができればそれは「自社の強み」になります。近隣他社が徹底できていないことを見つけ出して自社の強いやり方にして徹底すること、小さな不動産会社の生き残りに不可欠です。

ブログが効果的と分かっても、ブログ集客の本質が分からなければ上手くいかない

「6ヶ月以上ブログを続けているけど、アクセス数が増えない、問合せもない」と相談があります。

・誰に向けたブログなのか? ターゲットが分からない

・ブログの内容がターゲットに伝わらず、相談する気にならない

・ブログから会社の強み、担当者のスキルが伝わらない

以上を意識しながらブログを1年以上発信し続ければ、グーグルはキーワード検索でブログを評価します。すると徐々にアクセス数が増えます。やがて問合せが入ります。

アクセス数が少ないホームページに問合せや反響は入りません。これは理屈抜きですq

他社が苦労して作り上げたノウハウは一夜漬けで真似はできないように、自社が苦労して作り上げたノウハウだってちょっとやそっとで真似されたとしても上手くはいかないのです。

あなたの会社5年先まで地元で愛され知名度を上げるために、ブログをオススメします。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward