不動産ホームページの反響はアクセス数に比例する

「2年もホームページを運営しているのに、問い合せらしい反響はほとんどない」と先日お会いした社長様は言いました。

Googleアナリティクスでホームページを分析しました。

反響がアクセス数に比例するなんて今更言えない

直近6ヶ月の月平均のPV(ページビュー)が1500から2000の間でした。2年もやってきて、このアクセス数はあまりにも少な過ぎます。この数字ではたとえ問合せがあったとしても偶然に過ぎません。

 

ホームページ制作会社に相談しましたか?  とお聞きすると。

「ホームページの物件数を今の3倍位にして、ポータルサイトへも掲載数を増やすように」と言われたそうです。

 

「売上が上がらないなら営業マンや広告費を増やせ」と言っているようなものです。街の小さな不動産会社はそれができないから悩んでいるのに無茶な話です。

 

客数×客単価=売上。これは経営者なら誰も知っています。売上を増やすには客数を増やすか、客単価を上げることが最優先です。

ホームページの集客も同じです。訪問者×クリック数=PV(ページビュー)です。ページビューが増えない限り問い合わせや反響は増えません。問い合わせや反響を増やすには、訪問者を増やすか、訪問者に会社のことやあなたのことを興味を持ってもらうためにホームページ内を回遊してもらって、たくさんクリックしてもらうことです。

 

PVが少なくても、たまに運よく反響がある場合もあります。でもこれは一時的なモノです。その後の安定的な問合せは期待できません。

 

自社ホームページで継続的な問合せを得るには、まずはホームページのPVを増やすことです。PVが多いホームページはGoogleから評価されやすく、反響はアクセス数に比例します。これはWebマーケティングの常識です。

ホームページシステムがポータルサイトと連動している場合、ポータルサイトへ誘導するためのホームページなっている場合があります。そうなると今更、「PVを増やしてください」とは言えないかもしれません。

物件紹介ではアクセス数は増えない。なんて今更言えない?

ある不動産ホームページ制作会社のサイト内に「ホームページのアクセス数を増やす方法」というのがありました。

1、実社会での知名度を上げる

2、ネットで露出度を高める

3、多く検索されるキーワードで表示される

とは書いてありました。分かります。正解です。

 

物件紹介でアクセス数を増やす方法とか増やせないとか何も肝心のことは記載されていませんでした。

不動産会社が知りたいのは、アクセス数を増やすために何をしたら良いか具体的な方法が知りたいのです。それがないままで終わっていました。残念です。

ドリームワンが失敗から学んだホームページ集客法

ホームページのアクセス数を増やすには、役立つコンテンツを増やしてホームページを充実させる以外に方法はありません。

 

5年前のドリームワンは大きな失敗を経験しました。そこからホームページ集客方法を大きく方向転換をしました。

 

当時ドリームワンは多くの不動産ホームページ制作会社と同じように問合せや反響を増やすには

・物件をたくさん登録して

・写真の枚数を増やして、

・写真をキレイにして

・仲介物件は毎週物件確認をする

・フェイスブックやツイッターで拡散する

・SEO対策する(今に思えばあまり根拠がない)

と言っていました。

それでも年々導入会社様から「反響が減った」「問合せが減った」と言われる数が増えていきました。

 

そんな中で2015年頃からダントツで反響を増やす導入会社が数社誕生するようになりました。それらの会社には3つの特徴がありました。

・ホームページのアクセス数が多いこと

・ほぼ毎日ブログを書き続けていること

・ネットで地域1番の有名店になっていること

でした。

 

私たちは成功している会社に耳を傾け、それまでの失敗を認め、素直に反省してシステムの改善を目指しました。

ブログでコンテンツを充実。なんて今更言えない?

Googleは「ユーザーに役立つコンテンツを上位表示する」と発表したのが2011年でした。Googleはそれを発表して5年間、私たちはその効果を目にすることはありませんでした。

 

今に思えば、検索結果のアルゴリズムの変更やシステム変更の準備のために、Googleもすぐには実行できなかったのだと思います。検索結果が劇的に変わったのはグーグルの発表あってから5年も経った2016年でした。

 

2016年、不動産ホームページの大転換期でした。その頃、物件紹介からブログ中心に転換したお得意様は今大きく成長しています。

 

新規に開発したドリームXで導入会社様がブレイクしたのも、2016年になってからです。2011年から2015年までの間、上記のようにドリームワンは失敗を経験しました。そしてシステムの改善のために苦しい年月を経験しました。

 

物件紹介をウリにしているホームページ制作会社は今更、コンテンツ充実なんて言えないのかもしれません。だから今はブログコンテンツを充実させてホームページの転換をする小さな不動産会社に絶好のチャンスでもあります。

どんな書き方でもイイ。とにかくブログを更新してアクセス数を増やそう

まずは月間アクセス数を

1)3000PV

2)5000PV

3)10000PV

と増やしてください。

 

アクセス数が増えていく中で、問合せ反響が入り始めます。

月間10000PVを越えると、地域では何番目かの有名店になってきます。

安定的に問合せ、反響が入ってきます。

不動産オーナーからの受託の連絡もあります。

どんな書き方でもイイです。とにかくブログを更新してアクセス数を増やしましょう。その時のブログは広告付きのサービスブログではなく、自社ブログで書いてください。
 

こうして、ホームページのアクセス数が反響に比例することを実感するはずです。

store

会社概要

ドリームワン株式会社
  • 不動産ブログポータルサイト フドブロ

    フドブロ

  • ドリームワンの個別相談

    ドリームワンの個別相談

  • 広告費ゼロの不動産会社になる方法

    無料ダウンロード書籍

  • ドリームX無料体験

    ドリームX無料体験

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ集客について相談したい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
必須
必須
arrow_upward