従来の営業手法から脱出した独立開業の不動産店のホームページ集客法

近頃独立開業する不動産会社は、まるで従来の営業手法を否定するかのようなホームページを開設しています。それまで勤めていた不動産屋の手法を捨てて新しいやり方を取り入れています。

「物件を紹介しない営業もしない不動産店」が人気な理由?

ポスティングすると「迷惑だから投函するな」とクレームを言われる時代です。営業マンは嫌われます。

物件を売り込んでも反響がなくなることを経験済みの独立開業の社長は、他社が取り扱う仲介物件の紹介はしません。独立前の経験を反面教師にして賢く立ち回ります。

独立開業する社長は不動産会社で勤務していた時から、「物件を紹介しない、営業しない不動産屋」がホームページで集客できることを知っています。

ではどんな方法でホームページを運営しているのでしょうか?

「売る」のは物件ではない。社長自身の人柄と専門性を売れ!

「ネットは飛び道具」です。この性質と仕組みを上手く使います。どんなに物件を紹介しても検索されないことも知っています。物件紹介は人手が足りない独立開業店では効果もほとんどなく面倒な作業なのです。

「売る」のは物件ではありません。物件の代わりにコンテンツを「飛び道具」に装着して発信します。

社長一人の不動産店であれば、社長自身の人柄と経験・知識・専門店なスキルをブログで紹介します。発信したブログの記事が多ければ多いほど次々と検索されるようになります。

やがてあらゆる検索キーワードで検索されるようになり、地元の有名店になります。物件を紹介しないで自分自身を紹介しただけで・・・

不思議ですが、この方法が新しい潮流です。

営業しない、売り込まないから信頼される。伝達力で勝負する

営業して、売り込むから嫌われるなら、これからは営業しない・売り込まない不動産店になることで経営が成り立つようにする必要があります。

それには「ネットという飛び道具」を上手に操作しましょう。それにはブログを活用するのが最適です。

この手法にいち早く気づいて着手した不動産会社がこれからを生き抜くことができます。ドリームワンはそのノウハウを持っています。お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward