大家さんが困っていることをブログで伝えると、相談にやって来る

「ブログで何を伝えてイイか解らないので教えて欲しい」というご相談がございました。

お答えします。

お客にするのはエンド客ではない。将来に不安を持っている大家さんだ

多くの不動産会社のホームページはエンド客からの反響を目的にした物件紹介です。だから今更あなたが物件紹介をしなくても、エンド客はポータルサイトや不動産会社のホームページで物件を知っています。

エンド客を目当てに物件紹介やブログを書いても効果はありません。あなたがやることこは将来に不安を抱えている大家さんに向けてブログを発信して、その大家さんから相談や来店をしてもらうことです。そして“条件が合えば”大家さんから受託することです。

無理に飛びついて受託してはいけません。ややこしくて面倒な大家さんはエンド客以上に厄介です。じっくり話を聞きましょう。

受託するまでは対等です。そのことを忘れないでください。

大家さんの悩み、困っていること、相談されたことをブログで発信する

ここから本題です。

不動産会社の方なら、大家さんからいろんなことを相談されたことがあるはずです。その大家さんの悩み、困っていること、相談された内容をブログに書くだけです。

大家さんの名称はAさんとか匿名です。実名は絶対に避けてください。

そして、あなたなりの解決方法を書きます。ただこれだけです。それを何度も発信すればイイのです。

記事は事実、真実でなければいけません。ウソは絶対にやめてください。

同じ悩みを持つ大家さんは近所にたくさんいる

そんなことで、大家さんが相談にやって来るのかと思うでしょうが。それでやって来ます。本当です。

理由は

そんなことをブログで発信している不動産会社があなたの近所にいないからです。そしてブログで発信したことと同じ悩みを持つ大家さんが近所にたくさんいるからです。

ヒトの悩みや困りごとはそんなにたくさんある訳ではありません。だから同じようなことを考えている大家さんは近所に必ずいます。それもかなりの数のはずです。

だからその大家さんに向けてブログをどんどん発信してください。半年後、1年後次々と大家さんが相談にやってきます。

そして価値観、フィーリングが合う大家さんから受託してお付き合いを始めれば良いのです。

ブログのタイトル、見出しを章立てにして記事を書く。写真には説明文を入れる

せっかく書いたブログですが、検索で上位表示されるようにしたいものです。それにはコツがあります。

1、ブログのタイトルはキーワード検索を意識して決める。

2、見出しを章立てにして記事を書く。

3、写真には説明文を入れる。(検索結果で「画像」を選ぶ人が増えている)

上記のことを守れば、ブログは記事数を増やせば上位表示されるようになります。

相談をもらうための「メールフォーム」は必須

発信したブログ経由で質問や相談などを受け付ける「メールフォーム」は各記事に必須です。これが有れば問合せは倍増します。

ブログは大家さんと不動産会社をつなぐコミュニーケンションツールです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward