一人社長が2つのホームページを運営。これってどう?

一人社長の不動産会社が2つ、3つのホームページを運営するのはどうかというご相談をいただきました。

1つのホームページでヒーヒーなら、2つで効果は薄れ、お客は分散する

あまり聞かない話ですが、今までのサイトで充分に効果があり時間や作業量に余裕があれば2つのホームページを運営するということならイイことです。しかし今のホームページの運営にヒーヒーなのに更にもう一つのホームページを運営するというのはオススメできません。

自身の首をぎゅうぎゅう絞めるようなものです。理由は効果が薄れ。お客は更に分散するからです。

2つのホームページで検索の間口は広がったか?

複数のホームページのメリットは

1、ホームページ毎にSEO対策ができる

2、メインサイトと違うターゲットに向けて発信できる

くらいでしょうか?


一人社長の不動産会社が、ホームページ毎にSEO対策の必要性とか、複数のターゲットを相手に商売をする必要があるでしょうか? おそらくそんな器用なことは不可能でしょう。

それなら、一つに集中した方が成功するチャンスは大きいです。言い換えれば、今までホームページで上手くいかなかった原因はホームページではなく、その中のコンテンツだったのです。

もしそれに気づいたなら、どうすべきかは簡単に分かるはずです。

効果が無くても従来のホームページを捨てるのが勿体ないという

良くあるご相談は。

今まで使っていたホームページは効果はないけど支払いも終わっていて止めるのがもったいない。そんなケチ臭い相談が多いです。

そういう会社は作業が多いだけでなく、ほぼどちらのホームページも上手く行っていません。それなら従来から使っているドメインを新しいホームページに利用する方がよっぽど効果的です。

なぜなら、新しいドメインは1年くらい利用し続けないとGoogleは評価しないからです。上手くいかないモノは素早く諦めて、新しいホームページに集中することが成功の近道です。

2サイト追うもの、1サイトの集客もできず

スタッフに余裕があったり、外部にホームページ運営先があるなら話は別ですが、一人で何もかもやる一人社長なら1サイトに集中することをオススメします。

2サイト追うもの、1サイトの集客もできずになります。1サイトにたくさんのコンテンツを入れて、エリアやターゲットを分けた方が効果的になった時に複数のサイトを運営することをオススメします。

見栄を張ることも、欲を出すこともありません。成果を上げることが目的です。

従来の歴史あるドメインで、専門のコンテンツサイトを運営する

では、どんなホームページ運営をすると良いでしょうか?

1、ホームページを1つに絞り込む

2、従来の長く歴史あるドメインを利用する

3、物件紹介より、お客に役立つコンテンツを置く

4、コンテンツの数で近所の不動産会社よりもたくさん置く

5、地域でコンテンツが1番多い不動産会社になる

時間をかけて上記を目指してください。地域で一番検索される不動産会社になります。やがて数年先までお客がいないという不安や心配から解放されます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward