5年間の赤字から脱出した社長の仰天の策略

A不動産は店舗を解約して駅前から撤退する機会をじっと待っていました。2年後突然チャンスが訪れました。この記事はV字回復したお得意様の実際にあった話です。

「反響がないのは広告費をケチるからだ」と社長に詰め寄る社員

A不動産は5年前から売上不振に陥っていました。8年前に採用した社員が年々成果(売上)を上げることができなくなっていました。

「もっとポータルサイトの掲載を増やして欲しい。でないと反響がないから営業できない」とその社員は社長に毎度詰め寄っていました。その社員の言い分は、反響が無いのはポータルサイトへの広告をケチるからだと言うのです。

それでも社長は社員の要望のおよそ9割の広告費を毎年出費していました。一方で社長は自身でせっせとホームページやブログを更新していました。

ブログで「地域の不動産市況」や「不動産オーナーの悩み相談」を精力的に発信しました。ブログは好評でキーワード検索で上位表示されていました。

「反響や来店客の大半はブログ経由」と社長は分かっていました。何度も社員にブログで発信することを勧めました。がその都度に簡単に拒絶されました。

社員はあれこれとやらない言い訳をする。「自分では努力や苦労はしたくない。でもラクをして給料が欲しい。ブログやホームページの更新作業は会社や社長の仕事」だと思っていることを分かっていました。

毎年増え続ける広告費に反比例して売上は落ちる一方でした。数年前から社長は社員に対する愛情は消えていました。”このままでは会社が潰れる。辞めて欲しい”と願うようになりました。

社長は自身の役員報酬を減らして広告費を払っていました。

社員退職の噂で、パートさんも欺いた社長の策略

ある日社長は、社員が独立するという噂(情報)をキャッチしました。そこで社長は素早く下記の3つの策略を立てました。

それは

1、社員の退職と同時に  ”閉店宣言”  をパートさんに告げ辞めてもらう

2、現在の駅前の店舗を解約して撤退する

3、密かに、店舗から徒歩20分の自宅へ不動産免許を移転する

A社長はパートさんを欺くことに強い罪悪感はありましたが、とにかく会社を立て直すことを最優先にしました。


退職の噂の後、社員は退職しました。そして上記を速やかに実践しました。

駅前店舗撤退、人件費、広告費年間1300万円の削減したら黒字に

ここからA不動産のV字回復がはじまります。社員とパートが退職して駅前店舗も解約した一年後というと。

長く続けてきたブログでホームページへの集客が順調になり毎月1、2件の成約ができるようになりました。それ以上に大きかったのが駅前店舗と駐車場の賃料と光熱費が年間400万円、社員とパートさんの給料が年間400万円、広告費が年間500万円。合計で年間1300万円強の経費を削減しました。

自宅店舗での売上は前年の約半分以下になりましたが、家賃、人件費、広告費などの経費を差し引いても役員報酬は以前より3倍に増えて経営は安定しました。何よりも社員へのストレスから解放されました。

人手不足は今だけ。人余り時代の到来。今こそ勝手に集客する仕組みを作る

A社長は言います。人手不足と騒いでいるのは今だけ。もうすぐ不動産不況とIT化の波が押し寄せて来る。

先行きが不透明なこれからは今は人手が足りなくてもむやみにスタッフを増やしてはいけない。スタッフが育つまで1、2年を要します。

人や店舗を増やすことは経費負担が増え経営の悪循環を起こします。今後5年間は大きな成長を目指すより、借金をしないで地道に経営して生き残ることが大事です。

そんな小さな不動産会社こそインターネットという『飛び道具』をじょうずに活用すれば自社の強みをお客に知らせることができます。経費が少ない身軽な小さな会社の方が不況に耐えられます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward