「忙しい」を連発する社長、いつの間にかヒマになる


社長はやることがたくさんあって多忙です。特に一人社長になれば尚更です。次々といろんなことが押し寄せてきます。「忙しい」を連発します。やがて「忙しい」が口癖になり、やがて会社はヒマになります。


いかにしてヒマを作るか。それが大事

不動産会社にはいつ電話をかけても繋がらない社長が多いです。せめてスマホ転送サービスでも利用すればいいのにと思います。

社長の仕事は今日明日の売上ではなく、1年先数年先の会社の経営をどうするかです。そのためにはインターネットを活用して集客の仕組みを作り確立することです。

いかにして1年先数年先までネットで検索され続けるホームページを作ることです。そのために社長はできる限り時間を作るか、いかにヒマを作るか。それが大事です。

『忙しい』は相手の情熱を冷ます

先日、いつも「忙しい」を言っていたA社長にお会いしました。あんなに「忙しい」を連発していた社長がなぜかその日は「忙しい」を言わないので理由を聞きました。

社長曰く、忙しいを連発すると相手が気を遣うようになり、運が逃げると言うのです。そしていつの間にかヒマになったと言います。


たしかに何となく分かります。

忙しいを連発する人から『忙しい』と言われると、「連絡するな、会いたくない」と言われているような気になります。そういえば私自身も「忙しい」をよく言う社長様やお得意様には気を遣うのであまり連絡しなくなります。なるほど分かります。

ヒマです。と言っていたら好調の神が降りてきた

それ以来、社長様はどんなに忙しくても「ヒマです」とか「大したことはありません」などと言うようになったそうです。そう言っていたら、いつの間にか好調の神が降りてきて、売上や成果になり本当に”忙しく”になったそうです。俗に言うV字回復ってヤツです。

人は忙しいを連発する人に対して、少なからず妬み(ネタミ)や嫉み(ソネミ)があります。「忙しい」を口癖にする人には「またか」とか「また始まった」と顔をそむけ遠ざけたい気持ちになります。

だから「ヒマ」とか「大したことない」という言葉を発することで相手に好感と共感を与えることができると言います。ついでに相手に優越感も与えることができるようです。

要は「万事控え目に」と言うことでしょうか。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward